第19巻 医療倫理教育 The Japanese Bioethics Series (シリーズ生命倫理学)

  • 10人登録
  • 4レビュー
制作 : 伴 信太郎  藤野 昭宏 
  • 丸善出版 (2012年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621084960

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

第19巻 医療倫理教育 The Japanese Bioethics Series (シリーズ生命倫理学)の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

第19巻 医療倫理教育 The Japanese Bioethics Series (シリーズ生命倫理学)の作品紹介

W.オスラー博士の「平静の心」に代表されるヒポクラテスの誓詞の道徳的立場に基礎を置いた伝統的な医の倫理は、日本では1990年代に入ってから陰を潜め、生命倫理学を重視する傾向が一気に強まっている。現在では、患者中心の医療を病院の基本理念に掲げることが、第三者医療評価機関から認定されるための必須条件となっている状況下にある。一方で、こうした患者中心の医療倫理への行き過ぎに警鐘を鳴らすかのように、最近になって医療専門職のプロフェッショナリズムとしての倫理教育の重要性を再評価しようとする動きもある。本巻は、こうした現在の状況を踏まえながら、12章にわたる構成を企画した。

第19巻 医療倫理教育 The Japanese Bioethics Series (シリーズ生命倫理学)はこんな本です

ツイートする