格差の世界地図

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 岸上 伸啓 
  • 丸善出版 (2012年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621085479

格差の世界地図の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • graph

  • 世界の格差を、グラフや表で、一目で見れるので良かった。
    でも、統計は統計に過ぎず、それだけのこととして受け止めることにしてる。

  • タイトル通り、世界各国の政治、経済、環境、教育、保健などの格差をデータで表したもの。

    想定通りのものもあれば、意外な結果のものもあるが、ここで具体的な数字となって突きつけられる現実に、改めて愕然とさせられる。

    そして一番残念なのは、ではなぜその国でそのようなことがおきているのか、その数字が意味することはなんなのかなど、データを読み解く能力も知識もない自分。情けなや。
    もっと細かい解説がほしいなぁ…。

  • 『経済、政治権力、社会、資源、健康・衛生、教育、環境など、様々な視点で格差を解説。
    世界地図を色分けし、豊富なグラフで世界の現状がわかる』

    図書館というところは本を分類します。
    日本十進分類法によってですが、司書が頭を一番悩ますのがこれではないでしょうか。
    この本も頭を悩ます一冊でした。
      333  経済政策、国際経済
      350  統計
      361  社会学
      361.8  社会的階層
      361.9  社会測定、社会調査
      まず、33は経済、35は統計、36は社会
    この本の中では格差の原因として、搾取、排除、ヒエラルキーなどがあげられていました。
    そして、個人に由来するものと、構造に由来するもの。
    全体を通して明らかになるのは
    工業化した「北」に住む人々と
    工業化していない「南」に住む人々。
    経済か、統計か、とも思いますが、ここまで広範囲にわたっての内容となりますと、やはり361の社会学がふさわしいような気がします。  
    で、この本の分類番号は、361にしました。

  • 【今日の一冊】333.6||C93

    経済,社会,教育など様々な視点で多角的に格差を比較。
    日本の格差問題を国際的にも比較できる。

    http://www.auelib.aichi-edu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00596031&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 333.6||Cr

  • 和図書 333.6/C93
    資料ID 2012101481

  • 【新刊情報】格差の世界地図 333.6/ク http://tinyurl.com/89zl99k 経済、政治権力、アクセス、健康、教育、環境…。世界の様々な格差について、経済学者アマルティア・センの分析アプローチをもとに、データに基づき色分けした地図やグラフを交えて解説 #安城

全8件中 1 - 8件を表示

格差の世界地図の作品紹介

経済、政治権力、社会、資源の利用可能性、健康・衛生、教育、環境などさまざまな視点で、多面的に、格差を比較する。

格差の世界地図はこんな本です

ツイートする