電池はどこまで軽くなる?

  • 16人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 電気化学会 
  • 丸善出版 (2013年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621087053

電池はどこまで軽くなる?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 化学系のネタの補充に、と思い購入。金属イオンの電気化学反応を題材にした、トピックス集的な本。身近な工業製品や産業への応用例が豊富に紹介されており、読んでいて楽しい。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:431.7//Ta95

  • 原理から分かり易く記述されていますが、タイトルに関連する記述は2ページしか有りません。

  • 和図書 431.7/D57
    資料ID 2013104167

全4件中 1 - 4件を表示

電池はどこまで軽くなる?の作品紹介

くらしに欠かせない"電子とイオン"。その働きをわかりやすく解説しました。エネルギーを生み、蓄え、そのエネルギーで色々なものをつくる。そのとき、目には見えなくても、"電子とイオン"が大忙しで働いています。私たちのからだや、植物の中でも、"電子とイオン"は大活躍。現在から未来まで明るく照らす"電子とイオン"。その科学は、日本が世界をリードしています。世界中で使われているリチウムイオン電池も、光触媒も、日本の企業が実用化したのです。未来の技術も盛りだくさん…"電子とイオン"には、夢がつまっています。

電池はどこまで軽くなる?はこんな本です

ツイートする