極論で語る循環器内科 第2版

  • 24人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 香坂俊
制作 : 香坂 俊 
  • 丸善出版 (2014年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621088760

極論で語る循環器内科 第2版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WG100

    3年ぶりの改訂
    循環器診療の大局をつかむ本
    筆者の言葉では『「木を見て森を見ない」ようにならないための羅針盤』
    筆者から直接指導を受ける感覚で現場の熱気が伝わってきます
    循環器に苦手意識のある人は早く読もう
    看護師(特にCCUや救急担当)が読んでも面白いと思う

    第1章 不整脈;Af・PSVT、VF/VT、デバイス
    第2章 虚血性心疾患;ACS、心カテ、PCI、動脈硬化
    第3章 心不全と弁膜症
    第4章 その他の疾患;失神、IE、PE、心膜心筋疾患

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10121013

  • -

    2階書架 : WG120/KOS : 3410158884

全7件中 1 - 7件を表示

香坂俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

極論で語る循環器内科 第2版の作品紹介

第2版は、初版を全章見直し、新規章「心カテ」「PCI」「失神」が加わるなど、全章フル改訂。

極論で語る循環器内科 第2版はこんな本です

ツイートする