極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)

  • 23人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 今井直彦
制作 : 香坂 俊 
  • 丸善出版 (2015年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621088869

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (増田)分かりやすい!読みやすい!輸液・電解質や酸塩基平衡まで書いてあります。

  • 香坂先生の編集の本
    わかりやすさ、文献引用○。研修医がチェックするには良い気がするが、これで何かの基準に必要十分なのかは少し不安ありました(でもあとがきで書いているように、これは必要不十分で肝だけ書いたものなんだろうな)。
    でも読み物としては良いし、医学部生、研修医レベルなら良い気がする。引用文献が多数あるのも良いですよね。

  • 2階書架 : WJ300/IMA : 3410159167

  • WJ300

    腎臓内科、まずはここから始めよう
     1章 急性腎障害[AKI]

    腎臓は体内の水分のバランスを司る
     2章 脱水と浮腫[dehydration and edema]
     3章 輸液について[fluid hydration]

    酸に傾こうとする血液をアルカリに
     4章 酸塩基平衡の基礎[overview of acid-base balance]
     5章 血液ガスの読み方[interpretation of arteriol blood gas]
     6章 代謝性アルカローシス[metabolic alkalosis]
     7章 代謝性アシドーシス[metabolic acidosis]

    身近な検査項目を深く捉える
     8章 低ナトリウム血症と高ナトリウム血症[hypo and hypernatremia]
     9章 カリウム[potassium]

    最後に慢性期の腎臓管理を押える
     10章 慢性腎臓病[CKD]
     11章 腎移植[kidney transplantation]

  • 教科書的でなく読みやすい。
    輸液の章が良い。

全8件中 1 - 8件を表示

今井直彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)の作品紹介

「数値、特にFENaに振り回されるな!」「不必要な輸液は有害です」「それでも日本の腎移植はトップレベル」国内および米国で培った臨床経験をもとに教える腎臓内科の『極意』。臨床の現場で遭遇する「疑問」を病態生理から解き明かす。『極論で語る』シリーズ第3弾。

極論で語る腎臓内科 (極論で語る・シリーズ)はこんな本です

ツイートする