言語のざわめき

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 花輪 光 
  • みすず書房 (1987年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622004547

言語のざわめきの感想・レビュー・書評

  • 言葉の羅列、言葉のつながりと断片。
    対象の周りをくるりと廻ったり、水につけてみたり
    太陽にかざしてみてみたりするような、みかた。
    好きなものがいっぱいあって、それらがすごく好きで
    だから書いちゃうんだろうみたいな、書きかた。

    どうしてこの人が近くにいないんだろう、悔しい。
    ここでは、言語はざわめいていて、自由で、そして美しく戯れている。

  • バルトのテクスト批評集。美しい。

全2件中 1 - 2件を表示

言語のざわめきの作品紹介

本書は、言語圏の諸問題をあつかった批評的エッセー22篇を収めている。《読み》を《コード化》としてとらえる「読書のエクリチュール」をはじめ、意味の戦いをめぐる「修辞の分析」と「文体とそのイメージ」、さらに、文学テクスト(フローベールやミシュレ)における写実・描写に関する卓抜な論考「現実効果」など、バルトの多様な、しかし一貫したテクストを集成。また、ブレヒト、ヤーコプソン、バンヴェニスト、ジュネット、クリステヴァなどについて書かれた書評・オマージュは、バルトの、暖かな人間的共感に満ちている。

言語のざわめきはこんな本です

言語のざわめきの単行本

ツイートする