チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像

  • 21人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 杉山 光信 
  • みすず書房 (1984年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622011965

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 16世紀の一農民(粉挽き)の宗教観・世界観を、宗教裁判の資料をもとに解き明かす。宗教裁判の様子も描かれている。平易ではなく、読み切るには集中して読む必要が(私には)あるだろう。

  • 神は空気であり、万物はチーズからうじ虫がわくように
    自然に発生したという主張をして逮捕された16世紀のイタリアの粉引き屋の話。

全2件中 1 - 2件を表示

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像を本棚に「積読」で登録しているひと

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像の作品紹介

16世紀イタリアのフリウリ地方に住む粉挽屋。その男の名はドメニコ・スカンデッラといったが、人びとからはメノッキオと呼ばれていた。白のチョック、白のマント、白麻の帽子をいつも身につけ、裁判に現われるのも、この白ずくめの服装だった。彼は教皇庁に告訴されていた。その肝をつぶすような異端のコスモロジー故に。彼は説く、「私が考え信じているのは、すべてはカオスである、すなわち、土、空気、水、火、などこれらの全体はカオスである。この全体は次第に塊りになっていった。ちょうど牛乳のなかからチーズの塊ができ、そこからうじ虫があらわれてくるように、このうじ虫のように出現してくるものが天使たちなのだ…」。二度の裁判を経て、ついに焚刑にされたメノッキオ。著者ギンズブルグは、古文書館の完全な闇のなかから、一介の粉挽屋の生きたミクロコスモスを復元することに成功した。それは農民のラディカリズムの伝統のなかに息づく古くかつ新しい世界・生き方をみごとに伝えている。

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像はこんな本です

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像の単行本

チーズとうじ虫―16世紀の一粉挽屋の世界像の単行本

ツイートする