知覚の現象学 1

  • 184人登録
  • 3.76評価
    • (11)
    • (4)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 竹内 芳郎  小木 貞孝 
  • みすず書房 (1967年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622019336

知覚の現象学 1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    ── モーリス・メルロ=ポンティ/竹内 芳郎&小木 貞孝・訳
    《知覚の現象学 1945 19671130 みすず書房》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4622019337
     
     Merleau-Ponty, Maurice 19080314 France 19610503 53 /現象学
     
    …… 仮に立方体を「六つの等しい面の間に空間を閉じこめたもの」と
    言うとすれば、そこでは「間」とか「閉じこめる」という、知覚から学
    んだ言葉が使われているし、「空間」なるものも、本来は「奥行」とし
    て、知覚によって知るほかないものなのである。その空間がタテ・ヨコ
    ・タカサで計られ、奥行が眼前に繰り拡げられた長さに還元されるとき、
    空間は本来の空間性を失っているのである。(滝浦 静雄)
    ── 《世界の古典名著・総解説 19931130 自由国民社》P308
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4426601053
     ゲシタルト、失語症。
     
     Report 空間の次元 ~模写《ピカソ・葡萄とギター》阿波 雅敏  106
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19591017
     ピカソ《葡萄とギター》
     
    (20160602)
     

  • メルロー・ポンティは、その著作からも熱血漢ぶりを感じさせてくれる正しいひとです。たまりません。

  • 123夜

    レズニコフの詩で起きるプロセスをほとんどそのまま描写している。

  • 今の私がいるのは、この本の影響によるところ大です。フッサールの『現象学』も凄かったのですが、この哲学書のお陰で、世界がまったく変わって見えるようになりました。

全5件中 1 - 5件を表示

モーリス・メルロ=ポンティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
モーリス・メルロ...
ウィトゲンシュタ...
リチャード・ドー...
ミシェル・フーコ...
クロード・レヴィ...
オルテガ・イ ガ...
メルロ=ポンティ
有効な右矢印 無効な右矢印

知覚の現象学 1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知覚の現象学 1の作品紹介

巻末: 参照文献

ツイートする