人間と遺産 (地中海世界)

  • 6人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Fernand Braudel  Georges Duby  神沢 栄三 
  • みすず書房 (1992年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622033486

人間と遺産 (地中海世界)の感想・レビュー・書評

  • ●構成
    唯一の神(ロジェ・アルナルデス)
    ローマの奇跡(ジャン・ゴードメ)
    家族(ピエールジョルジォ・ソリナス)
    民族移動(モーリス・エマール)
    ヴェネツィア(フェルナン・フローデル)
    遺産(ジョルジュ・デュピ)
    --
     前巻(「空間と歴史」)に引き続き、本巻では宗教(唯一神)、ローマ法、家族制、様々な理由に拠る民族移動について、地中海の全体史として、その長期持続的観点から論じる。また、一時繁栄を迎えたヴェネツィアを通時的に活写する。
     地中海世界に生きる人々の、過去から現在に至る心性を取り上げ、それを元に歴史を叙述していく本書は、伝統的な歴史学の本とは一線を画した、歴史学というには若干の違和感がある、歴史学と他学問との境界領域で読者に語りかける。
     本巻だけを読むより、前巻を読んで後に読むほうがすんなりと本書の世界に入っていけるであろう。
    (※このレビューは、『地中海世界』合本(みすず書房)の前半「人間と遺産」に対するものである)
    --
    【図書館】

全1件中 1 - 1件を表示

人間と遺産 (地中海世界)を本棚に登録しているひと

人間と遺産 (地中海世界)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人間と遺産 (地中海世界)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間と遺産 (地中海世界)はこんな本です

ツイートする