アーレントとハイデガー

  • 48人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : El〓@7AC1@zbieta Ettinger  大島 かおり 
  • みすず書房 (1996年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622036562

アーレントとハイデガーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20世紀の偉大な哲学者の素顔を見て、その小人物ぶりに幻滅と変な安心?。マルティン・ハイデガーとハンナ・アーレントの交換手紙が明らかにされて1995年に出版されたとのことですが、世界中でセンセーショナルな話題になったことは当然だと思えます。圧倒的に面白く一気に読める、絶対のお薦め本です。ハイデガーの名から想像する哲学の難しい話は一切出てきません。アーレントという人は私は良く知りませんでしたが、政治哲学者として後日著名になったユダヤ人女性。反ユダヤ・反全体主義告発の著名な大家とのことです。1924年にマーブルグ大学で教授と18歳の新入学生として二人が出会い、直ぐ不倫の恋の関係に陥る。その若い日々のロマンと、それにいたる特にアーレントの家庭環境などの背景。出会ったころは正に「存在と時間」が完成に向かいつつある時期。また2人の関係が、ナチ時代を通して50年近くにわたって続き、晩年には双方の夫妻での交流になっていくという運命的な不思議な実話だということです。ハイデガーがナチ賛同者として歩み、戦後に世界中から非難されてからもアーレントは決して見捨てることなく、庇い続ける。それは恋人というよりも母親の愛に似た関係のようにも思えました。

  • あのハンナ・アーレントが、第二次大戦後も師であり愛人であったハイデガーとの関係再構築に腐心したというのは驚きだ。
    偉大な哲学者といえども一人の人間であることをまざまざと見せつけてくれる本だった。
    死後ここまでプライベートを露わにされることを考えると、手紙は死ぬ前に処分しておくべきなのだろう。

  • 思想家の秘められた私的な行為や人間関係はそもそもその人の思想とどこまで関係づけて見られるべきものなのか、偉大な思想家にもひそんでいるだろう人間的弱さや傲慢さや醜さは、その人の思想そのものの評価とは切り離して考慮されるのが妥当なのか、という難しい問いである。
    大島かおり(訳者) p.181

  • アーレントとハイデガーの思想、プライベートについて。
    こんな哲学書があってもいいじゃない。

全5件中 1 - 5件を表示

アーレントとハイデガーを本棚に「積読」で登録しているひと

アーレントとハイデガーの作品紹介

18歳の女子学生と哲学教授の出会い、そして秘められた恋。今世紀の傑出した二人の思想家の関係が、封印されていた往復書簡をもとに、はじめて明かされる。

アーレントとハイデガーはこんな本です

ツイートする