うつわの歌

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 神谷美恵子
  • みすず書房 (1989年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622045359

うつわの歌の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジブラーンの予言者の結婚についてが好き。

全1件中 1 - 1件を表示

神谷美恵子の作品

うつわの歌を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うつわの歌を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うつわの歌を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うつわの歌の作品紹介

本書は、著者が20代のときに記した詩10篇を中心に、クリスティナ・ロゼッティとハリール・ジブラーンの訳詩若き日の清冽な抒情ときびしい宗教感の張ったこれらの詩篇は、すでに後年の、召命に生きた一人の精神家医を予示しているように見える。「現代のブレーク」と評された宗教詩人ジブラークへの深い共感は、このユニークな詩人の宗教=宇宙観と著書との精神的照応を示している。さらにアメリカ留学中に書かれた2篇のエッセーは、この心の景色の美しい女性、稀有な宗教者の内面世界を明らかにしてくれる。

うつわの歌はこんな本です

うつわの歌の単行本

ツイートする