十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)

  • 26人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : ナンシー・エクホーム バーカート  John Updike  Nancy Ekholm Bukert  長田 弘 
  • みすず書房 (2000年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622047230

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フレデリック ク...
マイケル・モーパ...
アーサー・ビナー...
シャーロット・ゾ...
ピーター レイノ...
レイ ブラッドベ...
トールマン カポ...
ヴィクトール・E...
酒井 駒子
スージー・リー
湯本 香樹実
ショーン・タン
クリスティン・テ...
有効な右矢印 無効な右矢印

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)の感想・レビュー・書評

  • 12か月に沿った詩の絵本。

    事実を述べているだけな感じ。

  • 2011年10月7日

    <A CHILD'S CALENDAR>

  • 10月31日はハロウィンです。

    タイムリーかつアップダイクが関わった唯一の絵本、ということで前から気になっていた一冊を入れてみました。

    十二の月それぞれの季節感を繊細に表現したイラストも素敵。

  • 言葉のひとつひとつが瑞々しく美しい。春夏秋冬の素晴らしさを再認識できる、素敵な詩のカレンダーだ。毎月、カレンダーをめくるたびにその月の詩を読みたいなと思う。季節の移り変わりを、五感でしっかり感じることの大切さに気づかせてくれる。
    どの詩にも印象的なフレーズがあり、敢えてひとつ挙げるなら、六月の「金の時間に 銀の日々」かな。古きよきアメリカを感じさせる絵も素敵だ。できることなら原詩でも読んでみたいなと思う。
    この「詩人が贈る絵本」シリーズ、気に入りました。他の作品も読んでいきたい。

全4件中 1 - 4件を表示

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)の作品紹介

子どもの頃は、どうしてあんなに毎日がくっきりしていたのだろう。自然が息をするのにあわせるように、からだが息をしていた。季節、季節が、新鮮な発見に満ちていた。舗道にのこった夏のキャンディーのしみ。リンゴの皮の味のする秋の風。すっかり葉の落ちたカエデの木。クリスマス・キャロルの懐かしいひびき。初雪。春の訪れ。子ども時代の12カ月の光景を繊細なリズムに刻み、さりげないけれど、とても大切なものを伝える詩のカレンダー。成長するとは、何を獲得することなのだろう。何を喪失することなのだろう。

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)はこんな本です

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)のハードカバー

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)のハードカバー

十月はハロウィーンの月 (詩人が贈る絵本)のハードカバー

ツイートする