コンスタンティノープル陥落す

  • 13人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Steven Runciman  護 雅夫 
  • みすず書房 (1998年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622049302

コンスタンティノープル陥落すの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1453年、メフメト二世率いるトルコ軍の攻撃により、コンスタンティノープル(現イスタンブール)が陥落し、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)が滅亡。
    15世紀の欧州人たちにとって、最大の衝撃を受けた事件だったでしょう。
    この歴史的大事件の全容は、ビザンツ、トルコどちらかだけを見ていては、解明不可能です。
    本書はコンスタンティノープル陥落の原因となったビザンツ帝国の衰退、およびオスマン帝国(トルコ)の興隆、双方の外交関係を詳述し、本論のコンスタンティノープル攻略戦では戦争の準備、戦闘、陥落後の処置などをほとんどドキュメント形式で述べています。
    ビザンツ側に主眼を置きつつも、オスマン側の内部にも細かく切り込んでますね。
    一般にはこの事件を境に、トルコの脅威が欧州深くまで及んだとか、イタリアへ逃亡したビザンツ学者たちによってルネサンスが始まったとか言われていますが、本書では論拠を挙げてそれらの点を否定しております。

    ただし、時の為政者や武将たちへの「有能」「無能」「傲慢」とかいう評価は、多分に著者の主観ではないでしょうか?
    生涯ただ一度の敗北で無能呼ばわりされたスルタンもいれば、トルコに連敗しながらも有能な政治家と賞賛された王侯もいましたから。
    キリスト教からイスラム教へ改宗した人が、その直後に急死したのを「神裁(天罰?)」と表現するに至っては、もう主観を通り越して感情的にすら思われますねw

    ニン、トン♪

  • このテーマでは塩野七生「コンスタンティノープルの陥落」が有名だが、歴史小説であるあちらに対し、こちらは本職の歴史家の手による本だけあってより実証的で、詳しい。その分読み物としての面白さは多少落ちるが、向こうの本を読んでより詳しいことを知りたくなったらどうぞ。

全2件中 1 - 2件を表示

コンスタンティノープル陥落すの単行本

ツイートする