黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)

  • 97人登録
  • 3.79評価
    • (9)
    • (3)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Frantz Fanon  海老坂 武  加藤 晴久 
  • みすず書房 (1998年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622050285

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンティル諸島と日本はどこか似ている。白人やヨーロッパに対する意識も。
    パリでのこと。とある店で、黒人店員に差別的待遇を受けたことがある。その時、正直思ったこと。さんざ差別されてきた黒人のくせに、それでもアジア人を下に見ようとするか。そんなに白人になりたいか。
    その不毛な差別意識の連鎖にうんざりした憶えがある。それはいじめの構造にも似ている。
    本書のテーマは、やはり白人と黒人だけれども、黒人の側からの自己批判が忘れられていない。語り口は熱せられた鉄のように見えて、じつは冷静である。とても信頼できる作家だと思った。

  • 白人優先の社会で、黒人として生きるとはどういうことか。

  • なんというか、色々身につまされる。

  • [ 内容 ]
    黒い皮膚への偏見に身を貫かれた自らの生体験から、黒人と白人の関係を理解する試みが始まった。
    皮膚の色に閉じこめられた人間の意識を、鮮やかに抽出する。

    [ 目次 ]
    1 黒人と言語
    2 黒い皮膚の女と白人の男
    3 黒い皮膚の男と白人の女
    4 植民地原住民のいわゆる依存コンプレックスについて
    5 黒人の生体験
    6 ニグロと精神病理学
    7 ニグロと認知

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全5件中 1 - 5件を表示

フランツ・ファノンの作品

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)の作品紹介

黒い皮膚への偏見に身を貫かれた自らの生体験から、黒人と白人の関係を理解する試みが始まった。皮膚の色に閉じこめられた人間の意識を、鮮やかに抽出する。

ツイートする