裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>

  • 43人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 中野 真紀子 
  • みすず書房 (2003年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622070467

裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『戦争とプロパガンダ』第4巻は正にアメリカがイラクに突入しようという一触即発の時期に相当する。独善的な妄想によりイデオローグ化した帝国主義アメリカを糾弾する「これは民主主義のほぼ完全な破綻だ」と。メディアの報道も操作されていたこの時期に反旗を翻し掲げたメッセージ、病身をものともせず活動しまくったサイードの信念に打たれる。サイードは端から長期戦を覚悟したはず。彼が残してくれたメッセージは今も力を失わない。没して10年経とうと言葉の生命力は漲るばかりだ。最後の最後まで絶対に諦めないことの大切さを噛み締める。

全1件中 1 - 1件を表示

エドワード・W・サイードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エドワード・W....
E.W. サイー...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
エドワード・W....
ドストエフスキー
エドワード・W・...
スーザン ソンタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>を本棚に「読みたい」で登録しているひと

裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>を本棚に「積読」で登録しているひと

裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>の作品紹介

イラク戦争とは何だったのか。アメリカは、いやアメリカを牛耳ろうとしているウォルフォウィッツ、パール、ラムズフェルドをはじめとするネオコン第二世代とブッシュは、他者への理解などおかまいなしに、中東地図をどう塗り替えようとしているのか。そこに登場するカナン・マキヤとは?一方、アメリカはそれほどまでに無力で一元的なのか。もう一つのアメリカがあるのではないか。現実をみつめるサイードの眼は、曇りがない。好評の『戦争とプロパガンダ』シリーズ第4弾、「ヨーロッパvs.アメリカ」「イラクについての誤情報」「緊急課題」「ゆるしがたい無力」「偽善の金字塔」「責任者は誰だ?」「もう一つのアメリカ」「ラガドのアカデミー」の8本(2002.11‐2003.4)を収録。今の世界て起ころうとしていることを、サイードとともに考えたい。

裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>はこんな本です

ツイートする