斬首の光景

  • 38人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 星埜 守之 
  • みすず書房 (2005年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622070856

斬首の光景の感想・レビュー・書評

  • まだ読んでいません。
    書店に行くといつも買おうかどうか迷って未だに未購入。

  • 読み途中。妻が図書館で借りてきて、読み途中のまま返されてしまった。別の本にも書いたけど、クリステヴァの論じ方は(訳の問題もあるだろうけれど)難渋さのなかにいい加減さや混迷が紛れ込んでいる気がするので容易には読めない。でも非常に重要な議論だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

斬首の光景の作品紹介

ブルガリア出身で、ロラン・バルトやフィリップ・ソレルスらとともにフランス現代思想界で中心的な役割を果たし、現在でもさまざまな問題作を発表し続けている「異邦の女」ジュリア・クリステヴァ。彼女がルーブル美術館の全面的な協力のもと、あらゆるイメージの根源に、「斬首」のヴィジョン(首の光景=決定的な場面)を探求した待望の美術・哲学論。クリステヴァは、デッサン(素描)という行為に、自らの母親の記憶から人類の黎明期につながる人間の普遍的な営みを見出す。それは、あらゆる宗教現象の起源となり、切断された頭部のイメージに結晶する。太古の人類における頭蓋骨崇拝から、古代神話のゴルゴン、そして聖ヨハネの首とキリストの顔が変成したビサンチンのイコンへ。さらには「残酷」そのものとして屹立する近代のギロチン、現代のアヴァンギャルド芸術に至るまで、恐怖と魅惑に満ちた120点の図版とともに、精神分析学、文化人類学、ギリシア正教を中心とした宗教学、さらにはフェミニズムに由来する膨大な知識を駆使して語られるその真実。

斬首の光景はこんな本です

ツイートする