心理

  • 27人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 荒川洋治
  • みすず書房 (2005年5月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622071433

心理の感想・レビュー・書評

  • ずっと詩を読んできました。

    小学二年生の時に、宮沢賢治の詩を朗読して誉められて以来、もう随分と声には出さなくなったけれど、象徴詩やシュールリアリズムや様々な手法の詩を愛読してきました。

    吉本隆明は、詩人としては好きですし、谷川雁は詩人としても思想家としても超一級の人物ですが、ええっと今は荒川洋治です。

    他の誰ともまったく異質な詩人・荒川洋治との出会いはいつだったでしょう。

    何年か前に「現代詩手帖」で彼の新刊本「空中のぐみ」のプレゼントに当たって、サイン本をもらったり、TBSラジオのコメンテーターでその誠実そうな人となりを知ってファンに。

    そして読むたびに彼の切り取る瞬間の輝きに、グイグイ引き込まれてしまいました。

    この本でも難解ではなく感情のひだを弄ぶのではなく、ズバズバっと心の深いところに入って来ることに、メロメロです。詩ってなんと清々しいものでしょう。

全1件中 1 - 1件を表示

心理はこんな本です

ツイートする