世に出ないことば

  • 41人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (4)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 荒川洋治
  • みすず書房 (2005年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622071655

世に出ないことばの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/9/29

  • 2010.2.22~挫折


    2009.11.13 読みたい

  • 2009/10/17購入

  • 荒川洋治のエッセイが気に入っているという記憶があって本書を手に取る。読み始めてこのエッセイがその記憶とどう繋がっているのかが解らなくなる。

    本書の中で、荒川洋治は具体性の人である。どこに落ち着かせるべきかがあいまいな事柄を、そのままに放っておくことができない。人口や地名が内包しているかも知れない隠された真実が気になる。そんな人であることが強烈に伝わってくる。あれれ、こんな感じのエッセイを書く人だっただろうか。

    しばらく読み進めると、荒川洋治がことばについて語り出すのを目にする。ああこれだ。この感じが気に入っていたのだろうな。

    時に荒川洋治の評は厳しすぎるように思えるときがある。ことばに対する真剣な態度の為せる業だろうか。厳しすぎるとは思うけれど、同時に、その切り口のまっすぐなことに魅せられずにはいられない。そのことが記憶に残っていたのだ。

    しかし、本書で見せる荒川洋治の異常に具体性にごたわる姿勢と、ことばに対する感覚には何のギャップもないのだろうか。そんなことを思いながら読み進める内に一篇のエッセイに辿りつく。曰く「行間はない」。

    およそ詩人のことばとも思えない発言のようであるが、目にすることばの奥へ、そこにある文字の持てる意味を通して向かっていく態度に、ああそういうことなのだな、そうであれば何のギャップもないのかも知れないなあ、と思い直す。

    ことばを決してあいまいな感覚で弄ばないこと、それが恐らく荒川洋治の真骨頂なのであろう。

全4件中 1 - 4件を表示

荒川洋治の作品

世に出ないことばを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世に出ないことばを本棚に「積読」で登録しているひと

世に出ないことばはこんな本です

世に出ないことばのKindle版

ツイートする