ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコースト

  • 15人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Feliks Tych  阪東 宏 
  • みすず書房 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622072317

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコーストの感想・レビュー・書評

  • ユダヤ人がスペインから追放された1942年以降、ディアスポラの中心地となるのはポーランド。16世紀はじめからユダヤ人住民が増加する。
    ユダヤ人は長い間土地所有を禁止されていたから、農業従事者はほとんどいなかった。
    ユダヤ人もポーランドのために戦った。ポーランド語を学習して軍務にも就いた。
    ポーランド社会にはユダヤ人に対する偏見はずっとあった。

    ホロコースト、ポグロムは悲惨の限りだった。戦後ナチスが撤退してからもポーランドではユダヤ人が犠牲になって、みんな国外に脱出していった。

全1件中 1 - 1件を表示

ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコーストの作品紹介

アウシュヴィツの名は知られても、ポーランドに住むユダヤ人に何が起こったか、どれだけ知っているだろう。日記や写真、抑制された記述で、過酷な史実を伝える。

ポーランドのユダヤ人―歴史・文化・ホロコーストはこんな本です

ツイートする