ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 西尾 成子  今野 宏之  山口 雄仁 
  • みすず書房 (2007年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622073376

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボーアとアインシュタインとのこぼれ話には爆笑

    本筋とはあまり関係ないですが、面白いエピソードがいくつも出てきます。

    やはり、天才の話は豪快で面白いですね!

全1件中 1 - 1件を表示

アブラハム・パイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家を本棚に登録しているひと

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニールス・ボーアの時代1――物理学・哲学・国家の作品紹介

原子がどのようにできているかを理解した最初の人物、量子現象を理解するのに不可欠な物理学の哲学的基礎に修正を迫った中心人物、戦後世界の科学者の社会的責任を指導した人物についての決定的伝記。優れた素粒子論研究者であり、ボーアの共同研究者でもあったパイスの筆により、20世紀の科学界と国際政治に大きな足跡を残した巨人の全体像がここにあざやかに浮かび上がる。第1巻は1920年代までを収録。

ツイートする