脳と心

  • 17人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 合田 正人  三浦 直希 
  • みすず書房 (2008年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622073758

脳と心の感想・レビュー・書評

  •  有名な神経生物学者ジャン=ピエール・シャンジューと、現象学系を自認する哲学者ポール・リクールの対話。
     読み始めて驚いたのだが、これは対話というよりもかなり本格的な、第一線での「論戦」であり、対談特有の読みやすさはみじんもなく、難解な議論が展開されている点だ。
     いわゆる「還元主義」とそれに対立する思想とのあいだの対立に始まって、倫理に関する議論に至るまで、この2人はずっと真剣勝負で対立しあったままだ。
     とりわけ、あらゆる哲学から倫理学など、すべてを深く読み尽くしたかのようなシャンジューの学識の凄まじさに圧倒された。超一流の知識人の「知」とは、ここまで凄いものなのか。
     対して、リクールの思想はどうもちょっとわからなかった。
     この二人のそれぞれの著書をちょっと読んでから、もう一度この本に取り組んだ方がいいかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

脳と心の作品紹介

精神とはなにか。いかにしてニューロン人間は道徳的主体となりうるのか。ダーウィン、フロイト以後もなお開かれた問い。身体と精神、脳と心、自然と倫理との新たな架橋を求め、フランスを代表する神経生物学者と哲学者が縦横無尽に、ときに鋭く対立しながら繰り広げるスリルに満ちた対話。

ツイートする