ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略

  • 12人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 五島 綾子  五島 綾子  熊井 ひろ美 
  • みすず書房 (2009年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622074601

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1-1-2 科学技術社会論

  • 下につづく

全2件中 1 - 2件を表示

D・M・ベルーベの作品

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略を本棚に「積読」で登録しているひと

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略の作品紹介

本書はナノテクノロジー・ブームを焚きつけた大言壮語含みのナノテク評(ナノ・ハイプ)と、その裏にある利害関係者それぞれの事情に光をあてる。上巻では、テクノロジーの夢物語があらゆるメディアで語られるナノ・ハイプの様相を俯瞰する。やがて産・官・学の諸機関もこぞって未来に投資しはじめ、その資金の周りにさらに多くの利害関係者が生まれ、騒ぎを煽る流れが描かれる。ハイプの象徴となったE.ドレクスラー氏をいったん迎え入れた科学界が、のちに彼の処遇に窮する様子は教訓的だ。ハイプは推進派にとっても諸刃の剣なのである。また政府のイニシアティブとそれを可能にしたキーパーソンらの言動を追い、アメリカが国策としてテクノロジーを進めるプロセスが具体的に示される。全2巻。

ナノ・ハイプ狂騒(上)アメリカのナノテク戦略はこんな本です

ツイートする