映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話

  • 107人登録
  • 4.25評価
    • (6)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 吉田 俊太郎 
  • みすず書房 (2011年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622076070

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
クリス・アンダー...
三浦 しをん
ロバート・ヘンラ...
三島 由紀夫
コーマック・マッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話の感想・レビュー・書評

  • 「イギリス人の患者」の作家が「イングリッシュ・ペイシェント」の編集者であるウォルター・マーチと対談する。知らなかったがマーチは業界にこの人ありという名編集者、名音響担当者だそうだ。話題になっているイングリッシュ・ペイシェント、ゴッドファーザー、地獄の黙示録などの名作を忘れ果てていてさえ、面白かった!これは映画についての名著!映画は監督と俳優のものだと思ってしまうが、編集者が一カット、一コマ単位でメッセージを伝え印象を最適化しようと真剣勝負しており、音響担当が音と音楽で感情を揺さぶるのだ。映画本としても優れているが、二人の会話は分野は違えど芸術の創造という点でシンクロしていく。映画が「芸術」という意識ではないのだが、彼が手がける名作レベルになると、確かにアートだ。
    マーチは「今は編集者のカンと経験でやっていることが、いずれはデジタル化・機械化して、『昔はなんてアナログだったんだ』ということになるのでは」とコメントしている。本当にそうなんだろうか。時代を見守りたい。

  •  『イギリス人の患者』(ため息の出るような美しい小説)で世界的な評価を持つ著者が、同作を原作とする映画『イングリッシュ・ペイシェント』(これまたため息が出るほど美しい)の編集を担当したウォルター・マーチの、映画編集のディテール技術とその視点哲学を探ったロングインタビュー。
     ウォルターを、「科学的知識と形而上学的思索の世界を隔てる壁を越えて、両方の世界を同時に眺め」られる人物だと評する著者に導かれるままに、ウォルターの具体的かつ思弁的な言葉に耳を傾けていると、読者は、映画を完成された作品としてではなく編集作業として経験することになり、映画がどのようにして観客に届くのかを身をもって体感することになる。それはまるで、暗闇にゆっくりと光が差し込み、そこにあるモノの形が次第に少しずつ見えてくるような、まさに映画的な愉楽だ。
     映画の編集とは、つまりは数々の化学反応を引き起こすことなのだが、それをプラスに増幅させるのは、「観察に観察を重ねる発見」だとウォルターは言う。モノづくりの基本は、ジャンルの垣根を越えて普遍だ。

  • 映画もまた編集である

    古代エジプトの絵画を今日の目で見ると、笑えるほど奇妙なところがある。
    顔は人の特徴をもっともよく示すことのできる横顔。
    ところが肩は正面から描かれる。
    腰は正面から。脚は横から描かれている。
    そうやって描くために全体像は奇妙にねじれてしまうけれど、古代エジプト人にとってはそれが自然な絵だった。
    彼らはエッセンスを描いたのであり、それぞれのエッセンスをもっとも特徴的なアングルで捉えることに重点を置いていた。
    写真のようなリアリティを追求しようという発想ではない。
    人体の各所のエッセンスを統合して一個の個人としてまとめている。

    私たちはまさにこれと同じことを映画でやっているんだ。
    一本の作品で、それぞれのシチュエーションやセリフや場面において、もっとも特徴的で意味深くて興味深いアングルを選択する。
    各場面によってアングルを変えるという意味では、古代エジプトの絵画とまったく同じだよ。
    私たちには自然に思える今日の映画は、500年後の人々には奇妙で笑えるものかもしれないよ。

    『映画もまた編集である』
    ウォルター・マーチとの対話

    ウィークエンド シャッフル
    TBSラジオ 土曜夜9時30分から

  • TLでアニメ編集の話題になっている時に、書店でみつけたので、興味を持って手に取った。『地獄の黙示録』『イングリッシュ・ペイシェント』を担当した映画編集者ウォルター・マーチと、作家マイケル・オンダーチェの対話。

    編集のテクニカルな話かと思いきや、むしろ、そこを入り口に見えてくる「映画のフォルムの獲得の仕方」をめぐる内容だった。サウンドデザインも手がけているウォルター・マーチなので、音響周りの話題も多い。

    最終部分では、2人のキャラクターを画面内にどう配置するか(ステージングするか)がドラマを語ることにつながるという話題が出てくるが、これはしばしば話題になる「上手/下手」問題とリンクしていて興味深い(でも、マーチは上手/下手で分けてはいない)。

    あともう一つ面白かったのが、'80年代のディズニーの硬直状態を示すエピソード。

    「彼の口にした言葉は、単なる突発的なコメントも含めて、すべてが神のように扱われていたんだ。(略)ウォルトがある実写映画の試写を見ながら、「いまのショットのFストップの値は?」と質問した。(略・Fストップとはカメラの絞り値)。スタッフのひとりが、いまのショットの値は5.6だったと答えると、ウォルトは「いいね。フォーカスは効いているが、効きすぎでもない。ちょうどいい値だ」と感想を言った。それを誰かが覚えていた。ずっと後になって、この値は勅令と化してしまったんだ。つまりディズニー社の実写映画の屋外ショットはすべてFストップ5.6でなければならない、それがディズニーの被写界深度であると決まってしまったんだ。」

  • 小説『イギリス人の患者』などで知られる作家マイケル・オーチェンダと、同小説を原作にした映画【イングリッシュ・ペイシェント】などで編集を務めたウォルター・マーチの対談集。映画製作におけるウォルター・マーチの働きに感銘を受けたマイケル・オーチェンダが、その方法論について5度渡って対談したものをまとめている。

    映画を鑑賞する際には決して気付かない編集の仕事、その重要性について知ることができたのは大変興味深かった。映画の製作は大きく分けて脚本・撮影・編集に分けられるが、脚本・撮影に比べて、編集は脚光を浴びることが少ない。それは、「観客が編集を意識してしまう」ような類の作品は明らかに失敗だからであり、観客がいかに違和感なくストーリーに没頭できるか、それは映画が映画として成立するための前提条件だからだ。

    しかし、そんな当たり前と思われる「一つのストーリーに仕上げること」がいかに困難を伴う作業であるか、この本ではまざまざと見せつけられる。観客の思考の流れをシーンごとに考察し、どのショットをどれぐらいの長さで採用するかを決める。この配置如何でストーリーの本質は大きく変わってしまう。また、音響のスペシャリストであるマーチは、一つ一つの音の流れで観客の視点がどこに向かうかを考察して、ベストの音響を映画に挿入していく。時には監督も意図しないショットを採用することもあるが、全体を俯瞰して見れば、マーチの選択は監督の無意識の部分を表層化するほど作品をブラッシュアップすることにつながっている。その編集の過程は非常に繊細かつエキサイティングであり、映画に携わるものとしても大変興味深い。

    「映画の制作とは、可能な限り興味深いやり方で、こういったあらゆる要素をオーケストラのように編成することだよ」(337ページ)

    というように、マーチに限らず脚本・撮影・編集の段階に関わる大勢の人間の知恵の結集によって、一つの映画が成立しているということが良く分かる。

    ヒッチコックとコッポラの比較や、ジョージ・ルーカスとの絡み、さらには【ゴッド・ファーザー】の制作秘話なども読んでいて大変面白かった。

  • 映画を編集から語った良書。ありそうであまりない本が、最高の人選で作られている。ゴッドファーザーも地獄の黙示録もイングリッシュ•ペイシェントも長い映画だけど、もう一度別の視点で見直したいと思わせる。映画のタネ明かしのようで気持ちいい。

  • なんで、マイケル・オンダーチェが?

全9件中 1 - 9件を表示

映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話を本棚に「読みたい」で登録しているひと

映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話の作品紹介

『ゴッドファーザー』等を手がけた稀代の映像・音響編集者ウォルター・マーチとブッカー賞作家が語らい、名画を演出した編集の意匠を説き明かす。忘れ難いシーンの制作秘話、聴覚的「空間」の作り方、天才O・ウェルズのビジョンを再現する『黒い罠』修正の逸話…。

映画もまた編集である――ウォルター・マーチとの対話はこんな本です

ツイートする