そこに僕らは居合わせた

  • 73人登録
  • 4.47評価
    • (10)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : 高田 ゆみ子 
  • みすず書房 (2012年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622077008

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
三浦 しをん
パトリック・ネス
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
内澤 旬子
フェルディナント...
いとう せいこう
本屋図鑑編集部
グードルン・パウ...
赤坂 真理
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

そこに僕らは居合わせたの感想・レビュー・書評

  • 歴史上の事件を語るとき、どの国とどの国が戦争をした、どこそこの都市が侵攻された、何万人の人々が犠牲になった、等の記述がある。それはそれで、出来事として捉えるわけだが、そのとき、そこにいた市井の人々は、何を思い、どのように行動し、その結果、どうなったのかは、そうした記述からは当然のことながら、なかなか見えてこない。

    本書は、第二次大戦時、ドイツ領であったボヘミア(現在はチェコ領)で十代を過ごした著者が、数十年の時を経て、当時の姿を描き出した20編からなる短編集である。著者が実際に経験したこともあるし、見聞したこともあるが、基本的には事実を元にして書かれたものだという。
    1つ1つは歴史に残る大きな事件というわけではない。暮らしの一コマであり、当時としてはありふれた出来事であるだろう。
    だが、それらは、戦争の中で暮らすとはどういうことか、残酷なほどに鮮やかに切り取ったものとなっている。
    当時の少年少女が体験したことであったり、現在の少年少女が当時を調べる形であったり、いずれも若者の視線が生きた物語である。

    冒頭の1編(「スープはまだ温かかった」)で描き出されるユダヤ人一家連行のシーンは、鮮烈で印象的である。恐怖のあまり抵抗する老人、転がり落ちる帽子、それをくわえあげて褒めてもらおうとする飼い犬、どっと笑う見物人。車が走り去った後には老人のメガネが落ちている。主人公の少女はそれを拾う。その後、少女の一家は母に導かれて、その家のまだ温かい昼食にありつくのだ。近所の人々もわっと押しかけ、目当ての家財を奪っていく。
    少女はおばあさんになった現在も、老人のメガネを持っている。この出来事の思い出とともに。
    石を投げられたものは傷を負う。だが、石を投げたものも、そして傍で見ていただけのものも、やはり傷を負うのだと思う。それは心に刻みつけられ、容易には癒えない。

    子だくさんの母を讃えるための行事が皮肉な結果を招く「賢母十字勲章」、ずっと猟に憧れていた少年の思いが暗転する「追い込み猟」、洗脳の怖ろしさを感じさせる「おとぎ話の時間」は、いずれもつらい話だ。
    一方で、祖父が孫に精一杯のことをする「ランマー」、ほんとうの友情とは何かを描く「それには勇気がいる」、無名の農婦の大きな温かさが心に残る「お手本」のような話もある。大変な状況下でも、人がすべての善を投げ捨てるわけではないことを著者は静かに描き出している。

    本書中で1作を、と言われれば「守護天使」をあげたい。主人公の少女の祖父母は、チェコで生まれたドイツ人であり、戦後、生まれ故郷を追われている。数十年後、少女を伴い、懐かしの故郷を、期待半分、怖れ半分で再訪する。かつての自宅にはチェコ人の家族が住んでいる。祖母は、家の中で、自分が大切にしていた守護天使の絵を見つける。
    やるせなく、けれど温かい。一種、希望の話だと思う。

    著者は、これらの作品を執筆するまでに、半世紀以上の時間を必要としている。美しい姿ばかりではない、人の見たくない姿・むしろ忘れてしまいたい姿も多く目にしてきた。言うに言い難い葛藤を抱えて、しかしなお書こうと決心したのは、今自分が語らなければ、当時を知る者がいなくなる、という思いからだ。
    最後の1編の主人公は、近付きがたかった祖父の遺品の中に軍国少年の作文を見つけ、それを遺しておこうと決める少年、パウル(「輝かしき栄誉」)。これをこの作品群の締めくくりに置いた著者の切なる思いに胸を打たれる。

  • 原題:ICH WAR DABEI

    ナチス支配下に生きた十歳から十七歳までの「ふつうの」ドイツ人少年少女をめぐる20篇の短い物語。
    いずれも現在は老人になっている本人が、当時の大人の行動や考え、社会のありようを回想しながら語るものもあれば、孫世代の子どもから投げかけられた質問に答えていくうち記憶の中から引き出される証言もある。

    あまりにも日常生活の延長に起こっていることばかりなのが、怖い。人のちょっとした行動、保身に走る行動には、この人たちを責められない気持ちになる。

    現代に置き換えると、自分たちにも今ISが行っていることを止められるのか・・・ということになれば、同罪のような気持ちになる。

    1スープはまだ温かかった
    2潔白証明書
    3九月の晴れた日
    4賢母十字勲章
    5十一月のある朝
    6追い込み猟
    7おとぎ話の時間
    8スカーフ
    9ランマー(地ならしの道具)
    10会話
    11価値ある人とそうでない人
    12すっかり忘れていた
    13人形ルイーゼ
    14アメリカからの客
    15どこにでもある村
    16それには勇気がいる
    17守護天使
    18沈黙の家
    19お手本
    20輝かしき栄誉

    P68ほんの短いお話さえ、はかりしれない絵今日をもたらすものです。ああ、シェーファー先生。いったいあなたは私たちに何ということをしてくれたのでしょう!

    P112ヒトラーだって北方人種じゃない

    P160「おまえ一人、みんなと違うことをするなんて!どう思われるのかわかってるのか!」

    p219そしたら驚いた。そうじゃなかったの。まず一つめジャガイモはフランス人、二つめはドイツ人、三つめはフランス人、そして四つめはドイツ人。そうやって二人は平等に食べることができたの。肩を並べて、実に平和にね。エルナは「おいしくおあがりなさい」と言うことも忘れなかった。やさしい気持ちは伝わるものなのね。二人も「いただきます」と言うと、顔を見合わせてにっこり笑ったのよ!驚いたわ。でも、なぜ自分が驚いたのかその時は言葉にできなかった。ただ、この農家の台所では、ふだん学校や少女団で教わったのとは違うことが起こっていると感じたの。何年かたってやっと、それがなんだったのか理解した。エルナは彼らに、勝者のドイツ人や敗者のフランス人としてではなく、同じ人間として接したんだって。エルナにとっては二人とも、まず第一に人間だった。それ以外のことはさして重要じゃなかったの。ナチスが、ドイツ人であることは人間であること以上に大切だと説いていた、そんな時代に、エルナは当然のように敵国人同士を平等に扱ったのよ」

  •  一般市民に刻み込まれた、ナチスドイツ下の忌まわしい記憶。本書では、ナチス体制のもとで揺れ動く一般市民の様子が描かれています。その恐ろしさは、ナチスによるユダヤ人への迫害という行いのみによって語ることはできません。多くの一般市民が迫害を強いられ、ときに進んで加担していった。そこに、人びとの忌まわしい記憶があります。

     迫害に加担する人は特別に悪い人だったわけではありません。本書の「会話」に登場する男性は、妻との議論を楽しみ、花や動物を愛し、村じゅうの子どもたちからしたわれる男性でした。しかしナチスの考えを信奉していました。「おとぎ話の時間」の教師は、楽しいお話をしてくれる優しい先生でしたが、そのおとぎ話によってユダヤ人への凶悪なイメージを子どもたちに植え付けました。

     本書が伝えているのは、そうしたナチスドイツ下の出来事が、その当事者にいまなお深い傷跡を残しているということです。本書に登場するナチスドイツ下で生きた人びとのなかには、当時のことについて固く口を閉ざし、「ユダヤ人はいなかった、なにも起こらなかった」と嘘をつく人も少なくありません。それは今なお忌まわしい記憶として現前しています。

     しかし、そうした記憶も当事者が減ってゆくなかで薄れつつあります。消えゆく記憶は愛国少女だった筆者にとっても忌まわしい記憶に他ならないわけですが、あの時代の恥ずべき行為を忘れ去ってはならないという強い思いから本書の執筆に至ったようです。本書には、まさにその恥ずべき記憶が、悪意や善意、共感や憎悪とともに記されているのです。

  • 時通っていた女子ギムナジウムの生物の授業で「人間の共同体とその維持」について学んだ時、その課は「遺伝の本質について」「民族と種族」「危機に瀕した民族」などの章に分かれていた。教科書に書かれいた内容は特に驚くようなことではなかった。およそそのことは既に知っていたし、人種や民族に関しては国語のテキストや演説や政治がらみの学校行事などで、しょっちゅう聞かされていた。私たち生徒のまだやわらかい頭にも、白黒はっきりした先入観が植え付けられていたのだ。それは次のようなものだった。ドイツには様々な人種がいる。最も優秀な人種は北方人種で最上位に位置する。もっとも低級な人種はユダヤ人である。ドイツ国民はこのユダヤ人から自らを守る必要がある 。

  •  著者は児童文学作家。自らの体験や見聞をふくめ、ナチス時代の記憶を刻んだ/刻みこまれた人々を描いた20本の短篇を収める。「スープはまだ温かった」「アメリカからの客」「どこにでもある村」は、とくに印象に残った。
     
     日本に比べ、ドイツの戦争記憶に対する姿勢・態度がよく肯定的に言及されるが、ここに収録されたテクストを読むだけでも、そんなに簡単ではないことは明らかだ。いまも昔も人々は自分勝手で、ユダヤ人問題は他人事で、「指導者」ヒトラーと彼の思想と言葉に熱狂していた。誰だって、間違いは認めたくない、自分は悪くないと思いたい。他人より自分はまだ少しは良心的だったと慰めたい。――ごく僅かな例外を除いて、人々は本性的に残酷で、狡猾で、嫉妬深くて、しかも卑怯なのである。
     大事なことは、人間がそうであるからこそ、《――ねばならない》と理念と当為を立てて、過去と向き合う毅然とした姿勢を社会に根づかせることなのだ。それは、ヘイト・スピーチと歴史修正主義とを心情的な背景とする現在の日本政府に、いちばん欠けていることがらである。

  • 市井の人に、それぞれの物語がある。大きな声では語れないものもある。隠しておきたいこともある。でも、今聞きたいことがある、、、聞かなくてはいけないことがある。そう強く感じさせてくれた本。

  • ハンナ・アーレントが書いたアイヒマンのように、ナチスを支持した人たちも、ごく普通の凡庸な人間。自分の生活を守ることが第一になれば、他人の不幸すら待ち望むのが恐ろしい。
    20の短編からなるが、第一話の「スープはまだ温かかった」の優しい母の一言にはぞっとする。
    そして戦前の日本とよく似ているとつくづく思った。自分の民族は優れている。周辺の民族は劣っているので支配してあげるのが彼らのためである。敵国の人間は残虐な野蛮人である。個人より国家が大事。兵士として死ぬのは名誉である。
    少女期にそんな洗脳をされ敗戦を迎えた著者が語るからこそ一面的な善悪の話にはならず、ごく普通の人たちが、うすうすわかっていながら直視しなかった真実を(そしてそれは明らかに罪であることを)描く。
    日本もこうであったろう。そして二度とこういうことがあってはならない。
    たいへんわかりやすい文章で書かれているので、小学校高学年でも読める子はいると思う。
    凡人が戦時中に行った殆ど無意識に近い(あるいは家族のための愛でもあった)悪をこれほど平易な文章で書き、深く胸に届く本を他に知らない。
    これを読むだけでパウゼヴァングという作家の非凡な才能も理解できる。

  • 「スープはまだ温かかった」、「おとぎ話の時間」と、「潔白証明書」が印象が強烈だったが、どれも、思想を統制された世の中で生きることと、思想の偏向を植えつけることの容易さを教えて、背すじが寒くなる。

    「スープはまだ温かかった」
    簡単なあらすじ。
    とある婦人が、自分の娘時代の記憶を語る。


    母親が配給を受けに行っている間、娘は留守番をしていた。
    母親が息荒く帰宅して、買い物袋の中身をテーブルに空け、子供たちを連れて、階下に降りる。
    一階に住んでいたユダヤ人の家族が、連行されていくところだった。
    近所の人たちが、無言で見物している。

    「あの人たちはユダヤ人なのに、まだ連れて行かれてないの、不思議ね」
    と、以前に親たちが話していたが、一家は昨日今日荷造りしたのではない、毛布までをリュックサックに縛りつけた荷物を背負って、連行されていった。
    娘は、一家の娘と仲がよかったが、親に禁じられて、このごろは遊ぶこともなかった。
    娘同士だけではなく、一家ぐるみで仲がよかったのに。

    一家が連行されると、見物人たちは、どっと戸口に押し寄せた。
    略奪の開始だ。
    一家の奥さんのセンスのよさを表した装飾品も、家具も、略奪された。

    母親は驚いている娘たちを叱りつけて、勝手知ったる家を奥へ進んだ。
    奥には、キッチンがあった。
    一家はちょうど食事にかかろうとしていたところで踏み入られたらしく、食卓にはスープが並んでいた。
    母親は、
    「よかった、人数分あるわ」
    と、子供たちをテーブルにつかせた。

    そのとき、キッチンのドアが開いた。
    途端に、母親が叫んだ。
    「ここは私たちが先に入ったのだから、私たちのものよ!」
    入ろうとした人は、納得した顔をしてドアを閉めた。
    「さあ、いただきましょう」

    当時、娘は母の言うことに何の疑問を持てる年齢でもなく、スープを口に運んだ。
    スープは、まだ温かかった。

    ---------------------------

    家族ぐるみで仲よくしていたのに、娘が遊ぶことも禁じる。
    その家の娘が不良だから、などという理由ではなく、ユダヤ人だから。
    そして、その家族が連行されれば、備蓄の食料を奪うことにためらいもなくなるほどの、思想の統制。食料不足。

    想像の範囲がまだ狭い……ユダヤ人が強制的に家から連行されたことは知っていても、その後の家がどうなるかと、考えたことがなかった。
    けれども、これは想像というもので足りることではなく、現実にこういうことがあった、と知ることが私には重要だった。

  • 「お手本」「ランマー」

  • 朗読劇「そこに僕らは居合わせた――忘れないための物語」上演

    グードルン・パウゼヴァング作/高田ゆみ子訳『そこに僕らは居合わせた――語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶』をもとに創られた朗読劇「そこに僕らは居合わせた――忘れないための物語」(台本構成・演出=渡辺美英子)が、劇団「創造集団 池小」により上演されます。
    2013年9月3日(火)19:00、4日(水)14:00、19:00の三公演。
    会場:東京・北池袋 新生館シアター
    東京都豊島区池袋本町1−37−8 中村ビル2F
    料金:前売2000円、当日2300円、中高生1500円(中高生は当日・前売とも同料金)。
    お申し込み・お問い合わせ
    創造集団 池小
    〒170−0011 東京都豊島区池袋本町1−37−12
    TEL・FAX:03-3971-8066  080−7002−8867
    mail:ikeshou@gmail.com
    https://sites.google.com/site/ikeshou/

    みすず書房のPR
    「《「おばあちゃんがお手本にしてる人っている?」
    「昔はたくさんお手本にしたい人がいたわ。……思っていたような人と違ってがっかりさせられたこともあるわね。最初のお手本はもちろん両親よ。そして、十歳になってすぐ少女団にはいると、アドルフ・ヒトラーがお手本になったの」
    「ヒトラー? ヒトラーって大悪人でしょ? なぜヒトラーなの!?」
    「子どもたちは、ヒトラーはドイツで一番えらい人だと教えられていたの。戦争が終わる数日前に、ラジオでヒトラーが死んだと聞いたとき、私は悲しくて泣いたわ。ヒトラーのいない世の中も、ヒトラーなしの人生も想像できなかった……」》

    大戦下、ナチスの思想は都市・農村をとわず組織的に国中に浸透し、〈世界に冠たるドイツ〉の理想は少年少女をも熱狂させた。祖国の正義と勝利を疑わず、加害者でも被害者でもなく、しかし時代の狂気に翻弄され……
    17歳で終戦を迎えた著者は、「軍国少女」から、戦後は価値の180度の転換を迫られた世代。「この時代の証言者はまもなくいなくなる。だからこそ、真実を若い人に語り伝えなければならないのです」――自らの体験や実際に見聞きしたエピソードから生まれた20の物語。 」

  • 古本屋で先日みかけて、図書館にあるかなと帰って調べたら、あったので借りてきた。

    1928年うまれの著者自身の体験や、見聞きしたエピソードで綴られる「ナチス・ドイツ下の記憶」。1945年4月30日、ヒトラー死亡のニュースをラジオで聞いた著者は、絶望のあまり涙を流したという。当時17歳だった著者には、ヒトラーがいない生活や世の中など想像できなかったからだ。

    「忘れないための物語」という巻末の文章のさいごに、著者はこう書く。
    ▼まもなく時代の証人はいなくなるでしょう。あの時代の恥ずべき行為が忘れ去られることがないよう、私はこの書を世に送り出します。人間を踏みにじる政治は、もう二度と行なわれてはなりません。それはドイツでも、他のどんな国でも同じです。(p.232)

    収録されている20の物語は、ナチス・ドイツ下で、10代の子どもたちがどんなことを見聞きしてきたか、大人を見て思ったこと、自分自身の言動への悔い、あるいは孫世代から問われて引き出された証言を含む。そうした物語を読みながら、これはドイツだけの話ではないと思う。

    20の物語は、どれもぐっと心に刻まれるが、なかでも私の心にのこったのは「お手本」という話。

    ハンナは宿題の作文のために、「おばあちゃんがお手本にしてる人っている?」と祖母に問うた。昔は次から次へとお手本にしたい人がいた、その人みたいになれたこともあれば、お手本からはずした人もあった、という祖母に、ハンナは「そのこと話して!」と頼む。

    祖母の最初のお手本は両親だった。そして10歳になって少女団に入ると、アドルフ・ヒトラーがお手本になった。「ヒトラーって大悪人でしょ? なぜヒトラーなの?」とハンナは驚く。

    当時ドイツ一の権力者だったヒトラーが、一番えらい人だと子どもたちは教えられていた。両親も熱狂的にヒトラーを支持していた。ヒトラーが死んだと聞いたときは悲しくて泣いた。ヒトラーのいない世の中も、ヒトラーなしの人生も想像できなかったから。そして、終戦の翌日、一人のお手本もいなくなった。

    父の親友だったエーリヒ・ファウスト、この地方の管区指導者(ナチスの利益を代表する人)だったおじさんは、父の戦死後、困ったことがあればいつでも力になると誓い、戦争が終わるまで祖母の一家はファウスト家とは親しくつきあっていた。あんな立派な大人になりたいと祖母は思っていた。

    戦争末期、ロシア軍が近づいてきたときに、エーリヒおじさんは、「上」からの命令どおりこの場に留まれと地域住民に伝え、自分たち一家は公用車で村を脱出していた。村はロシア軍に占領され、たくさんの人が亡くなった。祖母はそのときわかったのだ。「…彼は、私たち家族や他の人たちには逃げるなと言っておきながら、自分と自分の家族の安全だけ守ったのよ。そのときわかったわ。おじさんを手本にしたのは間違いだったんだって。…」(p.214)

    その苦い経験から、祖母はもうお手本なんて持つものかと思った。でもあるとき、母と一緒に故郷の村を訪ねて、とつぜんあるひとりの農婦のことを思い出す。エルナ・ベッカーという人。「…彼女は決して私を落胆させたりはしなかった。彼女をお手本にしてから時間がたてばたつほど、彼女のような人になりたいと心から思うの」(pp.216-217)と祖母は言った。

    戦争中、村の使われなくなった工場にフランス人捕虜の収容所が作られ、捕虜はドイツ人の農家で働くことになっていた。ベッカーさんの家にも、一人のフランス人捕虜が割りふられた。朝、監視役のドイツ兵に連れられてきて、夜はまたドイツ兵が迎えにくる。農家の人は、週末のほかは、捕虜に食事を出すことになっていた。

    ある夕方、お使いにいったベッカーさんの家で、祖母はこん... 続きを読む

  • 創作で、ノンフィクションではありません。
    どこにでもあるようなドイツの村、家族が登場します。
    少々プロパガンダ的なセリフも出てきますが、
    普通の家族が、人間が、ナチス独裁下でどう行動したか、
    振るまったのか、考えさせる内容でした。
    図書館ではジュニア向けコーナーに置いてありましたが、
    歴史的背景の知識が無いと、ユダヤ人迫害や
    管区指導者(ガウライター)などのナチス時代の用語も
    わからないのでは、と(本文にもあとがきにも説明はありません)。
    自分が独裁下に生きることになったら、どうふるまうのか。
    今から考えておこうかとも思います。

  • G.パウゼヴァング『そこに僕らは居合わせた』みすず書房、読了。「ヒトラーのいない世の中も、ヒトラーなしの人生も想像できなかった」。雪崩をうってナチ化した時代。普通の人々は、何を考えどのように行動したのか。当時「軍国少女」だった著者のまなざしを通し支配の実像を、次世代へ証言する好著。

  • 戦争経験のある親を持つ世代は少なくなっていく。体験としての戦争の話しを聞いたことのない30代は多いだろう。こういう本がたくさん書かれ、読まれることを願う。

  • ナチス時代に関わる20の話。
    著者自身の実体験に基づいた話もあり、歴史の事実として知らない話もあった。
    少年少女の目を通して描いた話は、時に切なく、時代の真実をついているように思う。

    民主主義のある種の恐ろしさ、全体主義の中での教育、いろいろ考えさせられた。あの時何を考えていたのか、反省や戦争は止めようというメッセージではなく、こうした戦争の振り返りで語り継がれるものがあるのではないか。

  • 帯の言葉がとても目を引きました。「ナチスの支配下、全体主義の狂気に「普通の」人びとがのみこまれてゆくさまを少年少女の目を通して描く。人間の弱さと強さをみつめ、未来へつなげるために。」

全16件中 1 - 16件を表示

そこに僕らは居合わせたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そこに僕らは居合わせたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そこに僕らは居合わせたを本棚に「積読」で登録しているひと

そこに僕らは居合わせたの作品紹介

17歳で終戦を迎えた著者は、「軍国少女」から、戦後は価値の180度の転換を迫られた世代-自らの体験や実際に見聞きしたエピソードから生まれた20の物語。ナチスの支配下、全体主義の狂気に「普通の」人びとがのみこまれてゆくさまを少年少女の目を通して描く。

ツイートする