合理的選択

  • 138人登録
  • 3.62評価
    • (6)
    • (6)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : 松井 彰彦 
  • みすず書房 (2013年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622077336

合理的選択の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 331||Gi

  • ツマラン

  • タイトルから、行動経済学の本かと思っていたが、本当に合理的選択についての話だった。合理的とは、その選択について本人が納得して理由づけできることを意味する。本ではさまざまな理由づけの理論について、それが社会の利益や個人の幸福につながるかの観点から評価する。
    他の本との差別化はここにある。ただ理論を紹介したり、アカデミックに理論の完成度を比較しても、人間の幸福につながらなければ意味がないという価値観。著者の人間性が伝わってきて、爽やかな読後感が残る。

  • 平易な導入部から、カーネマンの研究やゲーム理論などで幅広い部分に目配りをしながら、合理的な選択をあらゆる理論付けで説明しています
    類書と比べれば、ページあたり情報量がかなり詰め込まれているのでやや読了に手間取りました

  • 意思決定の基礎読本。完読後に http://mitpress.mit.edu/rationalchoice へ進むと数学での理解も進む。

  • 科学的な内容かと思いきや、始まりは哲学的で読み進めるのがとても難しい。読了がとても難しい。

全8件中 1 - 8件を表示

イツァーク・ギルボアの作品

合理的選択の作品紹介

理論経済学の地平を切り拓きつつある研究者が平易なことばで"ミクロ経済学""ゲーム理論""意思決定理論"のエッセンスをおしえてくれる、社会のあり方を本質的に考える際の経済学からの贈り物。

ツイートする