図書館に通う―― 当世「公立無料貸本屋」事情

  • 240人登録
  • 3.28評価
    • (6)
    • (15)
    • (15)
    • (8)
    • (3)
  • 25レビュー
著者 : 宮田昇
  • みすず書房 (2013年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622077626

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
門井 慶喜
本屋図鑑編集部
三浦 しをん
いとう せいこう
エラ・フランシス...
朝井 リョウ
有川 浩
ジュンク堂書店新...
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館に通う―― 当世「公立無料貸本屋」事情の感想・レビュー・書評

  • 長年出版業界でご活躍されていた著者が一線を退いたのち、一般の一利用者として公共図書館を利用しながら感じられたことや考えられたことを綴った1冊です。
    世間では現代の公共図書館を否定的な意味合いで「公立無料貸本屋」という言い方をすることがあります。
    しかし、著者が投げかけるのは「なぜ図書館は無料貸本屋であってはならないのか」という問いなのです。

    著者は、編集や翻訳などに携わられていた現役時代に、国会図書館を調査に利用することはあったようです。
    ですが、娯楽のための読書を目的に公共図書館を利用するようになったのは引退されてからとのこと。
    そのため、現代の図書館事情には疎いようです。
    本書は一利用者(もちろん出版会の事情には通じていらっしゃいますが…)の視点で書かれており、それは私にとっては新鮮な視点でした。

    興味深く読みましたが、「読書のための図書館」という路線に偏っていることが、図書館関係者としてはやや引っかかりました。
    読書のために本を借りるのも1つの利用の形ですが、公共図書館は地域の人々にとって、興味を持ったことや生活に必要な情報を調べることができる身近な施設でもあるのです。
    出版界に通じており、なおかつ情報を入手するスキルを持った著者だからこその「図書館は無料貸本屋でもいいじゃないか」という主張なのかなぁとも思います。

  • 図書館は無料貸本屋として利用しています。
    著者はレファレンスサービスについてほとんど触れないので、私が無料貸本屋と図書館の違いの最たるものと思うものは著者にとって意味のないものなんだなと思います。

  • 月刊「みすず」に不定期連載されていたエッセイが一冊に(目次を見ると、とっても面白そうです)。。。

    みすず書房のPR
    「第一線を退き、図書館に足が向かう。発見があり疑問もわく。個人史をからめ、貴重なエピソードを満載。ネット時代に生き残る方策は? 」

    目次
    はじめに―図書館は「公立無料貸本屋」ではいけないのか/出版社がこしらえた図書館/『広辞苑』と『第二の青春』/『未刊行初期短篇』の公表/貸本屋と漫画喫茶/キングと『夏草』/『われらにとって美は存在するか』/『彼もまた神の愛でし子か』/『ドクトル・ジバゴ』とアメリカ文化センター/『アメリカの出版界』と図書館/『リリアン』と『オリンピア・プレス物語』/『蜩ノ記』とペーパーバック/『裏通りの紳士』と開架/ジャレド・ダイアモンドと運営委託/『暁の死線』と地域の図書館/『点と線』と書評の役割/『町奉行日記』と電子書籍/「異聞浪人記」/まとめ―インフラとしての図書館

  • サブタイトル当世「公立無料貸本屋」事情。
    さまざまなエッセイが、何れも<本>に辿り着く人間模様。書評集としてはユニークに感じ面白かった。(13/12)

    ▼《出版社より》月刊「みすず」の連載として、この本はスタートした。毎回、著者は「枕」を用意した。今回、単行本として通読する読者は、きっとそれらの「枕」がただの「枕」ではないことを発見するだろう。

    たとえば――

    * 東野圭吾『マスカレード・ホテル』から、「ホテル」繋がりで、当時ホテル住まいだった『暁の死線』の著者ウールリッチの話へ。
    * アメリカの新聞王になったジョーゼフ・ピューリツァーにとって、街の図書館が学校だったこと。
    * 行きつけの床屋の主人の自死から、話は、同じく自死した著名な翻訳家へ。
    * 折々に登場する「旧友S」との、「通り一遍」とはほど遠い、読書をめぐるやりとり(「旧友S」とは、誰だろうか……)。
    * 戦争直後の混乱のなかで、家計を助けるために貸本屋を営んで、多くを学んだこと。
    ――まだまだ、たくさん。

    ちなみに、ドイツ語しか知らなかったピューリツァーが、貧しいハンガリー移民でありながら、図書館で勉強し、アメリカで功成り名遂げた話は、著者をとても驚かせた。1970年ごろのことだ。当時、日本の図書館の蔵書数は2858万冊、アメリカのほぼ6分の1強で、いまだに日本では、本というものは、基本的に買って読むものだった。

    しかし今や、日本の図書館の蔵書数は3億8600万冊。量としては、革命的な変化だが、ただ、これは複本の増加も含んでいて、図書館に対する著者側の批判を呼ぶことにもなる。

    その一方で、順番待ちのリストは、信じがたいほどの長さだ。たとえば、2013年2月中旬、著者の住む市の図書館では、村上春樹『1Q84』(上)の順番待ちは490人、湊かなえ『告白』は359人だったという。1年半待ち? あるいは2年? この数字を、いったいどう読み解いたらいいのか。そこにひとつ、鍵がありそうだと著者は考える。

    貸本屋をやめたあと、著者は、編集者から始めて、出版界で生きることになる。つねに、独自のアイデアを仕事に結びつける、起業家でもあった。翻訳権を仲介する日本ユニ・エージェンシーや、日本ユニ著作権センターは、そうして生まれた。

    結局、「枕」はたんなる「枕」に終わらず、しかも、著者の言う「本にまつわるとりとめない雑感」でもなく、街の図書館に通う、現在の著者を形づくったものだ。
    この本の味わい深さ、率直さ、いくつものアイデアの提案は、生まれるべくして生まれたもの、と言えるだろう。

    ▼《http://book.asahi.com/》 副題に「当世『公立無料貸本屋』事情」とある。ひと昔前、図書館の新刊文芸書の貸し出しをめぐり、出版社、著者と図書館側とで論議になった。いまなお、くすぶっている。
     「どんな騒ぎなのか調べてみました。でも、利用者からの視点はなかった」。一線を退いた後、街の図書館を週に数回、娯楽としての読書に利用する身から、体験をつづった。
     数百人待ちの作品を手にとるまでの長い日々。返却棚の中に面白い本を見つけた喜び。挿話の一つひとつに実感がこもる。折にふれ紹介される読了本の感想は、思わず読みたくなる「書評」になっている。
     「素人」ではあるまいと思っていたら、その通り。戦後、早川書房に入社、「ポケットミステリ」の創刊にかかわり、ペーパーバック風の装丁を考えついた。その後、同僚で詩人の田村隆一に勧められ、翻訳出版エージェントに。戦後の出版混乱期の生々しい人間模様は『戦後翻訳風雲録』(みすず書房)にまとめた。今作にも、図書館を介した、本と人との出会いが数多く描かれている。
     「欧米の出版は教会の図書室から始まった。日本も江... 続きを読む

  • 利用者目線はこうしたものか。

  • 私はあらためて、想像の世界を膨らますことができる活字の魅力、
    ほかの力を借りずともひとりで楽しめる読書の素晴らしさを確認した。
    (p205 「『町奉行日記』と電子書籍」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    「図書館がベストセラーばかり貸し出すために、本が売れない」
    2000年代に巻き起こった「無料貸本屋」論。

    翻訳者、編集者として活躍した著者が、
    一市民として町の図書館を利用するようになり、
    驚いたことや感じたことを書きつずったエピソード集です。

    出版不況のなか、
    図書館・書店・出版社がともに成長する道を探る、
    利用者視点の図書館論です。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    長年、出版界で著者が経験したエピソードにひもづけて、
    図書館のありかたに触れるような章立てがされています。

    図書館に対する提言だけでなく、
    著者の来歴や、戦前から戦後にかけての出版界の変遷も
    眺められる一冊でした。


    印象的だったエピソードは、
    私としては無料貸本屋の「貸本屋」というのが、
    どんなものだったのかイマイチ実感が持てていなかったので。

    あとは、
    貧しい移民でアメリカの市民権も持たなかった
    後の新聞王ピューリツァーが、地域の図書館を学校代わりにしたという話。


    著者が本書で述べている中で、
    ・読書において、調査と娯楽、高尚と通俗の差はない
    ・図書館は読書情報の提供を通じて、利用者との交流を持つべき
    …というあたりには、強く同意です。

    一人歩きした「無料貸本屋」論も、
    ベストセラーの「数百人待ち」も、ともに不毛で、
    利用者自身が都合に合わせて「本を買う」という選択肢を、
    図書館はもっと提示してもいいのではないかと思います。

    そのために有力なのは、
    著者のいうとおり「読書情報の提供」で、
    新刊情報や出版情報、あるいは書評に乗った本…といった「まとめ」とともに、
    もっと図書館員の「おすすめ本」も協調して良いと思います。

    本屋大賞にかわる「図書館大賞」を作るぐらいの勢いで!
     それではっ

  • 出版社に勤めていた方でも、図書館に対する知識はその程度なのか、と思った。しかし、近い位置にありながら図書館の知識を伝えられていない、広報が不得手な図書館側の問題も大きいと感じた。普段聞くことができない、利用者目線からの図書館に対する意見を聞くことができた。

    翻訳など、知らなかったことは目から鱗。

    論の進め方は奔放であるのが気になった。過去と現在に至るつながりや、別の論に飛ぶ際のつながりが記されていないため、やや混乱することも。
    もう少し整理されていれば読みやすく、著者の考え方を理解することができるのに、という点が残念でならない。

  • 『戦後「翻訳」風雲録』の宮田昇さんの本です。今度は図書館について。図書館の蔵書があまりにも汚く、「借り手のモラルの低下以上に、汚れた本を棚に置いて恥じない公共図書館と行政に、「タダで読ましてやる」という読者蔑視を感じた」(p117)というくだりには胸がすっとしました。また、アメリカの電子書籍専門図書館について。端末で2週間だけ貸出できるシステム、日本にも導入できないんでしょうか?
     最後に、「敵法な引用」について自分のために引用しておきます。「敵法とは、引用された部分が明瞭にわかり、かつ歪めず正確に、しかも引用される必然性があり、最低限の量であること。そしていちばん重要な要件、どの著作物のどの箇所から引用したかという、出所が明示されていることである」(p212)

  • 60年に渡り出版界の一線で働いてきた著者は、執筆の資料集めのため、専ら国会図書館の利用者であったそうだ。一線を退き「街の図書館」でエンタテインメント作品を借りて読むようになった頃、街の図書館が「公立無料貸本屋」と呼ばれ、書籍の売上が落ち込む原因ではないかと言われ始めた。
    この本はそんな街の図書館が、本当に書店の売上を脅かす存在であるのか検証する。

    と固い雰囲気だが、著者の子供の頃の原風景である大原図書館、学生時代に通った上野図書館(現国際こども図書館)戦後に貸本屋を営み、子供達が手塚治虫の新刊を求めて行列をなした話、出版界の変遷、翻訳と著作権の問題、自死した作家や同業者の話などなど、著者の半生と共に語られる内容は、そのままこの国の出版界の歴史である。大変に面白く、興味深く、飽きずに最後まで読み進んだ。

    作中に登場する作家や作品に、学校では習わない作家、一時代脚光を浴びた作品が語られ、読んでみたいと思うものがあった。著者と同じように図書館のサイトで検索すると、◯◯コレクションといったシリーズに収められていたので、近いうちに借りて読んでみようと思う。

    ちゃんとわが街の図書館もベストセラー本以外でも収蔵しており、読めるのである。
    図書館を「公立無料貸本屋」などと呼んだヤツは誰だ。

  • 本好きの一市民として読んできたたくさんの小説のこと、図書館について思うこと。魅力ある図書館の姿とは。

  • 図書館というサービスが何を目的にしているのか。その経済事情はどうなっているのか。これからの図書館は何を目指すのか・・・といったことが書いてあるのかと愉しみに読んだのだが、期待外れ。基本的には図書館で読んだ本の話であって、図書館について全然触れていないというわけではないが、素人の所感レベルで目新しいものはない。この人、編集者だったのだから素人じゃないと思うのだが。
    「中の人」の話が読みたい。

  • 図書館は「公立無料貸本屋」ではいけないのか? という問いかけから始まる図書館を利用しての読書エッセイ。
    出版界から第一線を退いてから図書館で小説を借りるようになりおもしろさにはまった、という著者。
    でも<当世「公立無料貸本屋」事情>という刺激的?なサブタイトルからもうちょっとつっこんだ図書館への取材や考察があるかと思ったらちょっと期待はずれ。
    あちこちで取り上げられる匿名の人物や地名もなんだか中途半端でもやもやする。
    でも昔の大橋図書館や貸本屋の事情や取り上げられる本には興味をそそられた。

  • 僕も図書館をよく使う。『当世「公立無料貸本屋」事情』というタイトルに惹かれる。著者は出版業に長く携わり、かつては貸本屋も営んでいたという著者が何を語るのか。ところが、過去の詳細な描写に対して、現在は隠遁した老人として公立無料貸本屋を利用する著者の立場はずいぶんと身近、いやそれを通り越して、ぼやきにさえ見えてしまう。過去と現在の断層が大きくて、「当世」を期待したのに過去の話のほうが面白いという皮肉。公立無料貸本屋をなくさないでほしい、あれしてほしい、これしてほしい、という要望が目立ってしまう。過去と当世を断層ではなく、連続した変化として読めれば、この本は面白いかもしれないが、僕にはなかなかむずかしい。

  • (ちょっと不真面目だけど、『図書館戦争』のDVDを観ていて思い出した)
    全くの使う側からの目線で、図書館側のデータは、本当にデータだけで取材したような形跡はなし。
    でも内容は図書館のみならず出版に関わる事柄まで広くて、感心しながら読んでたら読み終わった感じ。

    いや私だってこの本そのもの、図書館から借りて読んだわけですが
    なんかこの本は図書館にあるのにふさわしい図書だなと思った。
    『図書館は利用されてナンボ』(要)
    ってのがあったと記憶していますが、ええ、利用させていただきます。

  • 「公立無料貸本屋」で結構です。この本も含めて、いつも大いにお世話になっておりますから。

  • 出版業界に携わっていた割に、図書館への期待は高い。
    図書館のヘビーユーザーとしては、歴史を少し垣間見たという点では読んでよかった本です。

  • 出版に携わっていた人でも、図書館への理解度ってこの程度(良い意味でも悪い意味でも)だったのかと目から鱗。紹介されている『フェルトリネッリ』が読みたい。うちにあったような気がしたんだけど見つからない。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:010.4//Mi84

  • リタイア後の公立図書館通いを綴った随筆。

    だが、ただの図書館利用記録でも読書日記でもない。
    公立図書館への「公立無料貸本屋」批判を背景に置き、折々に図書館から借りて読んだ本とそれにまつわるエピソードと図書館利用者として思うところがたくみに絡み合わさって一編一編がまとめられていく。

    図書館はむしろ「公立無料貸本屋」であってよく、そういうものとしていっそう充実すべきインフラであると著者は言う。
    同時に地域(著者によれば街)の図書館が立派な?「公立無料貸本屋」になるために、今後、図書館と出版、作家とがすべきこととして述べられていることも示唆に富んでいる。

    自分のなかでは、最近、書店や出版社の方々とお会いして話したことともつながった。

    出てくる本も読みたくなる。

  • 「当世公立無料貸本屋事情」という副題が示すとおり、最近その運営方法が各地で大きく見直されてきている公立図書館の「過去と現在」を対比させながら論じたエッセイ集。

    主として雑誌「みすず」に連載されたエッセイ「『点と線』と書評の役割」を中心に17編を収録。

    出版界に身を置きながら、老年に至って初めて公立図書館を日本のエンターテインメント小説を中心に利用し始めた著者の視点から、「目からうろこ」の驚きに満ちた図書館事情が伝えられる。

    著者は海外翻訳小説を主体に仕事をしてきた関係もあって、面白本の発掘と合わせて、図書館の購入する本の選び方やその予算額などに興味をもって調査を進めていく。

    そこで明らかになっていくのは、日本の図書館の特殊な成立事情だ。第二次大戦終了後、米軍の占領政策を経て整備された公立図書館のことなど全く知らんかった、、、

  • 図書館に通う著者が、図書館についての様々なことと、本についての様々なことをテーマを決めて書いている本。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4505859.html

  • 長年の業界経験、老いてからの利用者としての目線が絡まり、極めて実践的、実用的な提言の書になっていると思う。
    大活字本としての電子書籍、といったアイディアはぜひ実現すべきだと思う。

  • 副題は『当世「公立無料貸本屋」事情』。こう書かれて、反応しない図書館関係者はいないだろう。
    著者は出版会OBとしての経験を交えながら、図書館の複本をして「公立無料貸本屋」と非難すべきではない、と論じて複本を肯定している。
    自らを「隅の老人」「後期高齢者」と何度も貶めつつ、文章からは、本に関わって仕事してきた者特有のプライドや本へのこだわりが滲み出ている。氏の歩んできた出版の歴史などは興味深くためになるものが多かった。
    個人的な希望が多いに入っているが、私自身は「好き勝手をいっている」という気はせず、図書館への提案や印象は、利用者の目線として響くものもあった。
    図書館側の者とそうでない者、また、本への愛着の度合によって、読んだ印象や感想が大きく異なるだろう。
    この本が話題になり、多くの人が「図書館」について自分のものとして考えるきっかけになればいい。図書館をとりまく状況に新たな可能性を感じた一冊。

  •  「娯楽としての読書を求めて,図書館に通いはじめ,公共図書館が公立無料貸本屋であってなぜいけないのか」という主張に,図書館関係者はどのように答えるのだろうか。

     「話題の本ぐらい,自分のお金を出して,買ってよ」。その通り。そうすると,図書館で借りるのはどんな本になるのだろうか。また,型崩れした本を貸し出す図書館は少なくない。いったい,図書館は何をサービスするのだろうか。

  • 公立図書館は無料貸本屋なのだろうか。

全25件中 1 - 25件を表示

図書館に通う―― 当世「公立無料貸本屋」事情を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館に通う―― 当世「公立無料貸本屋」事情の作品紹介

編集者、翻訳権エージェントとして、長く出版界で生きてきた著者が第一線を退き、今度は本好きの一市民として発見した、街の図書館の魅力と変貌。みずからの半生と対話し、むかし営んだ貸本屋のこと、たくさん読んだエンターテインメントのこと、著作権の問題など、本と人を繋ぐエピソード満載。デジタル・ネット時代の図書館の可能性を探る。

図書館に通う―― 当世「公立無料貸本屋」事情はこんな本です

ツイートする