精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきた

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 成田善弘
  • みすず書房 (2014年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622077985

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたの感想・レビュー・書評

  • 良い文章を書く人が、必ずしも、良い人とは限らないが、講演で聞く限り、著者は文章通りの人だと思う。
    この本は著者がこれまで読んできた本にまつわる話、どのように書評を書いてきたのか、編者としての姿勢、翻訳を通して言葉の使い方について知る、といった内容である。
    著者が読んだ本としては分析家として当然だろうが、フロイトについての言説が多い。小説としては、夏目漱石と藤沢周平。精神科医には漱石に引かれる人は多い。かくいう私も好きである。再読したくなった。藤沢周平の小説紹介は、他の紹介と違い、情緒的である。
    著者のファンには一読の価値が一冊と思う。

全2件中 1 - 2件を表示

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたを本棚に登録しているひと

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたを本棚に「読みたい」で登録しているひと

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

精神療法家の本棚―― 私はこんな本に交わってきたの作品紹介

「これまで私は、草原の中にぽつんと立っている一本の木のような文章を書きたいと思っていた」。どんな本を読み、どんな本を書き、どのように書き手と触れ合うのか。心の専門家ならではの「自身の心の動きをとらえ、他人に伝える感性」がそこにある。文字通り本と「対話」し、その著者たちとの交流を通して自身を鍛え上げてきた、精神療法家・成田善弘の半生記にして、心の専門家必読の一書。

ツイートする