アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たち

  • 11人登録
  • 1レビュー
制作 : 平野 克弥 
  • みすず書房 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078371

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 石原都知事はアメリカの西洋の代理人、アメリカ帝国形成の中え、日本を近代化の価値と利権を死守する責務を負うべき東の雄として捉えられていた。

    冷戦というカテゴリーは敷衍すれば国際関係論という言説と研究分野をつくるうえで、決定的に重要な役割を果たした。

    開発は世界経済へアメリカが参入できるように、また資本主義が拡張し続けられるように設計され、安定した国際環境を整えることに専心していた。

    地域研究は、かつて植民地であった社会や反植民地の状態にあった中国などに関する専門知識を提供することで、とるーmン政権の国家安全保障の一役を担うようになった。近代化論は社会科学がより広い領域で力を発揮する未知を開き、地域研究が社会科学の重要な一部となる方法を提供した。

全1件中 1 - 1件を表示

ハリー・ハルトゥーニアンの作品

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちを本棚に登録しているひと

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちを本棚に「積読」で登録しているひと

アメリカ〈帝国〉の現在――イデオロギーの守護者たちはこんな本です

ツイートする