私のもらった文学賞

  • 36人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 池田 信雄 
  • みすず書房 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード ブロ...
トーマス・ベルン...
バルガス=リョサ
ポール オースタ...
ピエール ルメー...
閻 連科
アゴタ クリスト...
アンナ・カヴァン
ウィリアム・トレ...
ミシェル ウエル...
J.L. ボルヘ...
ジョン・ウィリア...
カーソン マッカ...
有効な右矢印 無効な右矢印

私のもらった文学賞の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

私のもらった文学賞を本棚に「積読」で登録しているひと

私のもらった文学賞の作品紹介

小説『消去』(2004、小社刊)で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家トーマス・ベルンハルト(1931-1989)。文学界のグレン・グールドとも評されるまさしく孤高の作家が、総なめにしたグリルパルツァー賞やビュヒナー賞等ドイツ語圏の最高の文学賞受賞時の状況を綴った私小説風エッセーと、3編の受賞の辞。文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の書である。

ツイートする