世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説

  • 16人登録
  • 1レビュー
著者 : 増澤知子
制作 : 秋山 淑子  中村 圭志 
  • みすず書房 (2015年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078616

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・H・...
ウィル バッキン...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説を本棚に「積読」で登録しているひと

世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説の作品紹介

ヨーロッパの普遍主義の根底には、19世紀における比較言語学と仏教の発見があった。インド‐ヨーロッパ語(アーリア語)の発見によって、仏教がキリスト教の起源であるとまで考えられ、一方でセム系のイスラム教はアラブ人だけの民族宗教に格下げされたのである。古代ギリシャよりも古い「原インド‐ヨーロッパ」という系譜の発見を、「世界宗教」という言説の発明から読み解く。M・フーコーの仕事にも通じる卓抜な思想史の書。

世界宗教の発明――ヨーロッパ普遍主義と多元主義の言説はこんな本です

ツイートする