長田弘全詩集

  • 53人登録
  • 4.25評価
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 長田弘
  • みすず書房 (2015年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622079132

長田弘全詩集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長田弘さんが晩年に出版した詩集。
    今まで発表された作品の数々を1冊にまとめるとはなんて贅沢な…!
    「幼い子は微笑む」「ベルリンの死者の丘で」「夕暮れのうつくしい季節」「花の名を教えてくれた人」など、印象的な詩を挙げようとしたらキリがありません。晩年の作品は“いつもの毎日”に幸福の一瞬を感じるような、身近で、優しい作品が多いように感じます。日常を過ごしていると狭くなりがちな視野を、明るい外の世界に向かせてくれる長田さんの温かみある視点が大好きでした。

    あとがきにあたる『「結び」の言葉』は、詩を生業として、詩とともに生きてきた長田さんの集大成とも言える内容。この本が出版された翌月に永眠されたと思うと、また心に来るものがあります。
    1編1編味わいながら、丁寧に読み進めようと思います。

  • 全詩集。そうか、氏はもう逝ってしまわれたんだなと、改めて思いました。
    烈しくて雄弁で…『深呼吸の必要』『詩の樹の下で』がお気に入りですが、エッセイだと思っていましたσ(^-^;)
    河合隼雄さんとの対談集で、長田さんが止まらない感じで一方的に熱く語っておられるのが印象的でした。
    言いたいこと全部言って人生を全うされたのかな、「まだまだ言い足りないよ!」という声が天国から聞こえてきそうです。
    装丁も上品なみすず書房。
    すでに長田弘さんの本は何冊か持っていますが、手元に置きたい1冊です。

  • 理解できず

  • パカッとあけてあたったところを読む。本占いのように。なにか刺さってくるから、すごい。

全5件中 1 - 5件を表示

長田弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
森田 真生
カズオ イシグロ
小川 洋子
宮下 奈都
シェル・シルヴァ...
ジェイムズ・P・...
いとう せいこう
アクセル ハッケ
梨木 香歩
シェル・シルヴァ...
トミー=アンゲラ...
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

長田弘全詩集を本棚に「積読」で登録しているひと

長田弘全詩集の作品紹介

最初の詩集『われら新鮮な旅人』から50年。思潮社、晶文社、みすず書房他から刊行された詩集のすべてを全一巻に収める完成版。硬質な叙情詩人、カジュアルな生活詩人、深い哲学に裏打ちされた人生の達人としての成熟した詩人……詩集18冊、471篇の詩を通して私たちに見えてくるのは、オサダヒロシという詩人の生き方である。見る人、聞く人、そして読む人である詩人が生み出した唯一無二の言葉の世界が、堅牢にしてハンディな書物として現れた。

長田弘全詩集はこんな本です

ツイートする