森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考える

  • 15人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森まゆみ
  • みすず書房 (2015年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622079491

森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遅まきながらマスコミも大騒ぎしだし、とうとう当初案は白紙撤回となった新国立競技場の計画反対の市民運動で先頭に立って活躍した森まゆみさんの記録。保存に対する考え方は私とは立ち位置が違うのを実感した。
    公表されてない事実とか隠された詳細とかを期待したけれど、ほぼ既知の事ばかりで、「とある市民運動の記録」として読むのがいいみたい。

全1件中 1 - 1件を表示

森まゆみの作品

森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるの作品紹介

2011年ラグビー議連の決議に始まり、デザイン・コンクールでのザハ・ハディド案決定、今日に至るまで、あまりに杜撰な経済、建築、環境、景観、住民問題など、国民の多くの反対にもかかわらず突き進んだ新国立競技場建設。安倍首相による白紙撤回以後も事態はまったく見えていない。事の始まりから現在、そして未来まで、この暴挙の全貌と何が大切かを、この問題を最も知る著者が描く。関連年表はじめ資料も収録。

森のなかのスタジアム――新国立競技場暴走を考えるのKindle版

ツイートする