中国安全保障全史――万里の長城と無人の要塞

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • みすず書房 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622079569

中国安全保障全史――万里の長城と無人の要塞の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年前に刊行された、米国コロンビア大教授らによる中国外交研究書の改訂版。中国成立以降の安全保障政策を、中国の政策立案者の立場から読み解こうとする試みを、今や大国に登り詰めた中国を巡る現下の情勢を織り込んでアップデートしている。歴史・文化・地理的アプローチに始まり、権力構造に触れた後、米国やロシアとの三国間関係を皮切りに中国を中心に同心円上に広がっていく外交関係の輪に沿って、詳細な解説が積み重ねられて行く。

    米国人ならではの本国びいきが随所に見られるのはご愛嬌。しかし、一般には予測し難いと言われる中国の各種政策が、むしろ多元的な意志決定プロセスを持つ米国のそれよりも首尾一貫性に富んでいるとの指摘は新鮮だ。中国は自身を不安定な国家であると考えており、この脆弱性を克服することこそが彼らの徹頭徹尾たる第一原則だ、というのだ。そしてその背後には、近代以降に受けた西洋による搾取についての抜き難い記憶と不信感があると指摘している。

    有史以来、辺境を異民族や他国家に侵されてきた中国にとって、周縁部における他勢力のプレゼンス増大こそが最も避けるべき事態(米国と対照的に、中国は国境を接しない遠方での経済分野以外の影響力増大には殆ど興味を示していない)。これを前提にするなら、米国の覇権をベースに作られた現在の国際政治経済上のルールを受け入れ、米国の影響力に拮抗しながら、統一朝鮮や日本インド等、潜在的脅威を現状維持に封じ込めておくのが中国の "the least worst option" だ。この中国政策立案者の「現実主義」こそが、米国にないものとして著者らが最も注目した点であると言える。

    無論、目下進行中の「第二次北朝鮮核危機」はこの戦略にとって極めて大きな攪乱要因であり、中国にとって隣接国と米国の緊張亢進は歓迎すべき事態ではない。日本や韓国が適正な対価を支払わないまま、北東アジアに安全保障上上の負担を続けることを、米国は最早フェアでないと考えるかもしれない。米国のプレゼンスが低下したら、北朝鮮が今まで通り中国の友好国でいる保証はない。北朝鮮に最も影響力を行使できる国家とは言え、今後中国が難しい舵取りを強いられることはこの本を読めば容易に理解できる。

    2段組で300ページ超。内容が硬い上、決してこなれた訳とも言えず、読みにくいのが最大の難点だが、中国を巡る諸問題の再整理に役立った。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ミシェル ウエル...
デイヴィッド・J...
有効な右矢印 無効な右矢印

中国安全保障全史――万里の長城と無人の要塞を本棚に登録しているひと

中国安全保障全史――万里の長城と無人の要塞を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国安全保障全史――万里の長城と無人の要塞の作品紹介

「本書の目的は、何が中国の政策を動かしているのかを理解すること――できるだけ北京の政策立案者と同じように世界を分析することにある」。
アメリカの中国論の権威が、第二次世界大戦後から現在まで、政治、経済、軍事を包括した視点から、グローバルに、中国の安全保障政策を鳥瞰した基本書。

「脅威に対する脆弱性。それが中国外交の主たる原動力である。北京から見た世界は、政策立案者の部屋の窓の外の通りから、陸の国境や海上交通路まで広がる東西南北数千キロの地域、さらには遠く離れた大陸の鉱山や油田まで、すべてが危険に満ちた場所である」(第1章)
「このまま台頭を続けるとしたら、中国はますます急峻になる坂を登っていくことになる。…優位にあることの強みをさらに強化するためのコストは、この位置まで登りつめてくるために費やしたコストより大きくなるだろう。そして、世界の警察官として、中国がアメリカに取って代わらないとすれば、それができる別の候補者を見つけるのは難しい。…したがって、アメリカの衰退はまったく中国の利益にはならないのだ。…中国にとっても、アメリカとその同盟国にとっても、より望ましい代替案は、中国の安全保障を高めるために、新たな力の均衡を創り出し、現在の世界体制を維持することだ。その場合、中国はより大きな役割を担うことになる」(結論)
中国の安全保障政策を論じる際に、避けては通れない認識の宝庫。

ツイートする