死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

  • 234人登録
  • 4.56評価
    • (35)
    • (12)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
制作 : 原井 宏明 
  • みすず書房 (2016年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622079828

死すべき定め――死にゆく人に何ができるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原題は"Being Mortal --Medicine and What Matters in the End"。

    著者は現役の甲状腺外科医であり、ハーバード大学関連病院であるブリガム・アンド・ウィメンズ病院に勤務するかたわら、文芸誌「ニューヨーカー」の医学・科学部門の執筆も務めている。本書は同誌に連載されたエッセイが元になっている。

    臨終に際して、人と医療がどう関わるか、またどう関わるべきかがテーマである。
    類書は数々あろうが、本書を際だったものにしているのは、多重性がある視点であり、その柱は3つある。
    1つは、患者とその家族の「その日」に向かう日々を描くルポルタージュとしての側面。1つは、医療界の内幕も知る医師ならではの臨終期医療が孕む問題についての鋭い分析。そしてもう1つは、死を間際にして、よりよく生きるとはどういうことかに関する著者自身の深い思索である。

    現代医療の発展は、かつてないほど人を長生きにした。しかし、終末期医療は、必ずしも人を幸せにはしない。ところどころで落とし穴にはまりながら坂を転がっていくような経過を辿ることも珍しくない。治癒する可能性はゼロではないものの限りなくゼロに近い治療を続け、「こんなはずではなかった」最期を迎える人もいる。
    なぜそうなのか、そうならないためにはどうすればよいのか。多くの実例、分析、考察を示す本書は、示唆に富む。

    病院は、基本的に病気を治すところである。患者の体調に不具合が生じれば、何らかの対処法を示し、実践することになる。その際、示される治療法は、効く可能性もあるが、効かない可能性もある。病気を治そうと頑張る患者は自分が治る方に賭けようとする。医療者が余命はあと数年と思っている場合でも、患者と家族は10年、20年単位で考えている。患者の期待に反する告知をするのは、医師にとってもつらい。こうした認識の相違は容易には解消されない。

    老人ホームは、歴史的に、「医学上の問題」を「長期間」抱えている人の受け皿として発展してきた。慢性疾患や加齢から生じる問題に、従来の病院は十分には対処できなかったため、受け止めきれなかった人々を「ケア」する場所として生まれてきたのである。余命わずかとなった人が残りの人生を豊かに過ごすことを目的とはしてこなかった。

    こうした流れに疑問を抱き、自ら施設を立ち上げた人々の例が本書で紹介される。
    なるべく自分の家と同じように過ごすことを可能にし、本人が望まない医療行為や過剰な管理を止める試みである。もちろん、世の流れに反すると言うことは、簡単なことではなく、こうした施設もすべて丸く収まっているわけではないのだが、可能性を感じさせる事例である。
    これらの施設や緩和医療を中心としたホスピスを見ていくと、「攻め」の医療を施した際よりも、場合によって、余命が伸びる傾向が見られるという。実現可能かわからない未来を目指して現在つらい治療を続けるより、現在を心地よく過ごすための最善の策を採る方が、結果的に、よい効果を生じる場合もあるということだ。

    終末期医療がテーマであるので、出てくる患者はほぼ最期を迎える。患者も家族もつらい時を過ごす。出口が見えない日々、胸を締め付けられるような話も多い。
    著者自身の父も、終末を迎える1人である。著者も両親も医師である。そうした家族にとっても、終末期は簡単なものではない。著者の父は脊髄腫瘍を患った。放っておけば四肢麻痺になるという。化学療法や放射線療法を採ることもできるが、効果はさほど望めない。手術はこれらより効果的と考えられるが、かなりのリスクを伴う。息子である著者はよりよい選択肢を求めて奔走する。父は自分の望む生活と治療のリスクを天秤に掛け、選択をする。
    選択は一度では終わらない。人生は続く。状況は変わる。ときどきの病状に合わせ、治療の効果を見ながら、患者と家族のぎりぎりの選択が何度も何度も行われることになる。

    臨終期が近づいていると感じても、死を前提にした会話をすることは難しい。けれども、患者が本当にどうしたいのか、聞きにくくても聞いておくことは、後の選択に重要だと著者は言う。
    出来るだけ食べたいものを食べたいのか。友人や家族との会話を楽しみたいのか。外へ出ることが大切なのか。ペットとふれあいの時間を持ちたいのか。何気ない希望でも聞いておけば、患者本人の意志を尊重した決定をする一助となる。

    日米の制度上の違いはあろう。そのまま当てはまらないことも多いだろうとは思う。
    しかし、著者の学識と温かい人柄が感じられる本書は、家族の看取り、自身の終末を考える上で、重要な示唆を含んでいる。
    誰しもが「死すべき定め」を負っている。臨終を考えさせ、深い余韻を残す好著である。

  • 序がいきなり「イワン・イリイチの死」から始まり、引き込まれた。避けられないことがわかっていても、直視できないのは誰もが同じだ。「終末医療」という言葉があるが、狭義の「医療」の領分ではないと考え始めている人が増えている。
    「私は心配しています」…患者にこういう言葉をかける医師が増えることを願ってやまない。

  • これまで読んだ本の中で、もっとも深く考えさせられる本。私たちは「何が原因で死ぬのか」を考え恐れるが、「どのように死ぬのか」、つまり「どのような経過をたどって死を迎えるのか」についてはあまり考えない。そして実際に死が避けられないとわかった時に混乱し、不安のどん底に突き落とされ、決して平穏とは言えない時期を長く過ごす。さらに悪いことに、その場所は病院や施設であり、ほとんど見込みのない(ことが多い)奇跡的回復を信じて、どんな苦痛や屈辱的な状態であっても、最新の医療技術(ただし、その人や家族に最適とは限らない)を受け入れたりする。「死」という不吉で縁起の悪い最悪な話題ではあるが、自分にとっても家族にとっても避けられない一大事であり、その日のために準備が必要であり、話し合いの勇気を持つことが必要だと感じた。ただ、どうして良いかわからない。

  • 死との対面、言葉の慎重さ
    できること、感謝愛情
    対話
    経験を共有できた

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    永野宏治 先生の推薦図書です。

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00357866

  • 現役医師ガワンデ氏が実際関わってきた人達のエピソードが書かれている。
    死に行く人にどう向き合うか。気持ちの整理ができる。

  • 死すべき定め

    数多くの死を見続けた医療従事者が自らの医療体験ならびに家族の死から、現代の高度に医療が発達して寿命が延ばせる時代に死とは何か?幸福な死とは何かを問う本。

    現代医学の介入がない時代は人々は命にかかわる病気に自分が冒されていると気がつくのと死ぬまでの間隔は数日から数週間の単位であった。
    しかし現代はCTスキャンなどの早期発見や延命技術によって年単位にまで伸びている。
    それだけ、その余命期間は人や家族は思い悩むことになる。
    重い病気にかかってる人は単に長生きしたい以外に大切なことがあり、調査によると、苦しまないこと、家族や友人と絆を深めること、意識をたもつこと、他人の重荷にならないこと、自分の人生を完結させたという感覚をもつことになる。

    とくに余命宣告をうけると人は時間をより意識する。人が自分の時間をどうつかうかは与えられた時間がどのくらいあると認識するかによって影響をうける。
    人は単に存在してるだけでなく、衣食住のためだけでもなく、己自身をこえた大義を人は求めている。

    死を無意味にしない方法は自分自身を家族や近隣、社会、神、歴史などなにか大きなものの一部とみなすことだ。
    そうしなければ死すべき定めは恐怖でしかない。
    マズロー理論だとまず安全安心の次に自己実現となる。そう考えると余命宣告の人は生きがいよりまずは余命を伸ばすことが最重要になるはずだが、患者のQOLはそれではいちじるしくさがる。限られた時間のなかで医療の依存状態にある人が生きる尊厳を保てるようにえんじょすることが大事だ。

    だからこそ家族は事前にもし自分が余命宣告をうけた場合、どうするか?何を望むかをはなしあっとくべきだ。
    たとえばラ・クロッセ市はエンドオブライフ(人生の終焉)にあたって組織的キャンペーンを行い以下の4つの情報を集めた。
    1、心臓がとまったときに心肺蘇生を希望しますか?
    2、気管内挿管や人工呼吸器のような積極的治療を望むか?
    3、抗生物質の投与を希望するか?
    4、自分の口で食べれなくなったらチューブや点滴で栄養補給を希望しますか?
    このことで、患者がICUにはいる前から大事なことについて時間をもって関係者と準備をできるようになった。
    エンドオブライフをどうすごすのか?についてしっかり話し合ってないと、「私としたことがなんてことなの!お父さんが本当にやりたいことをきいてなかった」という事態になりうる。


    そのうえで終末医療の医師に切なのは治すことのできない病を相手にしてる自覚と、患者が残りの人生をどういきたいのか?を「問い、つたえ」ること。コーチングのような存在になるのだろう。

    少子高齢化社会、超高度化社会にこれから日本は突入するがこれはうらをかえせば、歴史上、例をみないほど人がたくさん死ぬ時代になる。
    いかに育てるか?いかいに生きるか?が問われたこれまでの時代から、いかに死ぬか?がおおきなテーマになっていくだろう。
    自分も人生の折り返し地点を迎えてるので、いかに死ぬか?に向き合ってみたい、とおもわれる人生を考える上でおおきな転換点となる一冊であった

  • 母の闘病と看取りに迷いや後悔があって、それがこの本の序にあることと重なった。トルストイの「イワン・イリイチの死」を取り上げた授業からの提起。

  • 途中で挫折した、

全25件中 1 - 10件を表示

アトゥール・ガワンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
ニック・レーン
エラ・フランシス...
トマ・ピケティ
ミシェル ウエル...
有効な右矢印 無効な右矢印

死すべき定め――死にゆく人に何ができるかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死すべき定め――死にゆく人に何ができるかを本棚に「積読」で登録しているひと

死すべき定め――死にゆく人に何ができるかの作品紹介

人類史上もっとも人の寿命が長くなった今、医師やまわりの人は死にゆく人に何ができるのだろうか? 全米で75万部のベストセラーとなった迫真の人間ドラマ。現役外科医にして「ニューヨーカー」誌のライターでもある著者ガワンデが、圧倒的な取材力と構成力で読む者を引き込んでゆく医療ノンフィクション。

【英語版原書への書評より】
とても感動的で、もしもの時に大切になる本だ――死ぬことと医療の限界についてだけでなく、最期まで自律と尊厳、そして喜びとともに生きることを教えてくれる。
――カトリーヌ・ブー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)

われわれは老化、衰弱と死を医療の対象として、まるで臨床的問題のひとつであるかのように扱ってきた。しかし、人々が老いていくときに必要なのは、医療だけでなく人生――意味のある人生、そのときできうるかぎりの豊かで満ち足りた人生――なのだ。『死すべき定め』は鋭く、感動的なだけではない。読者がもっともすばらしい医療ライター、アトゥール・ガワンデに期待したとおり、われわれの時代に必須の洞察に満ちた本だ。
――オリヴァー・サックス(『レナードの朝』著者)

アメリカの医療は生きるために用意されているのであり、死のためにあるのではないということを『死すべき定め』は思い出させてくれる。これは、アトゥール・ガワンデのもっとも力強い――そして、もっとも感動的な――本だ。
――マルコム・グラッドウェル(「ニューヨーカー」誌コラムニスト)

死すべき定め――死にゆく人に何ができるかのKindle版

ツイートする