天文屋渡世 (大人の本棚)

  • 22人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石田五郎
  • みすず書房 (2011年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622080862

天文屋渡世 (大人の本棚)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「星を見るのが好き」な文学少女の気持ちをよくわかってらっしゃる。という感想。
    天文学の専門家だけれど、ムズカシイことは抜きにして星々のロマンを語って下さってる。薄めだけどゆっくり読める。

  • 中公文庫の「天文台日記」が面白かったので本書を手に取った。東大岡山天文台に24年間勤務した天文学者なので星、星座、岡山、星の先達の野尻抱影等の随筆が主なのは当然だが、山の話題、若き日の恋愛、歌舞伎、能狂言、クラシック等の話題も有りその幅の広さと質の高さに驚かされる。理系、文系を軽々と乗り越える教養の高さはやはり旧制中学、高校教育の賜物なのか。

  • みすず書房の大人の本棚シリーズに新しい本が仲間入り。天文学者にして優れた教養人でもあったエッセイスト・石田五郎のこの作品である。1988年に筑摩書房から刊行されたものを改めて復刻したものだ。星と文学と古典芸能を織り交ぜたエッセイの珠玉のような数々。若き日の淡い片思いには、シューベルトの歌曲と共に夜空を仰いだ際の星・みなみうお座のフォーマルハウトの輝きが寄り添っている。単なる趣味人ではない、ユーモアに満ちた文才を持つこのような天文学者いや天文屋が日本にいたことに嬉しさを覚える。

全3件中 1 - 3件を表示

石田五郎の作品

天文屋渡世 (大人の本棚)の作品紹介

天文学者にして文筆家。文学と芸能と山を深く愛し、そこに現れた星々の魅力を飄々たる文章で綴る。『天文台日記』で知られる著者の全貌を伝えるエッセイ集。

天文屋渡世 (大人の本棚)はこんな本です

天文屋渡世 (大人の本棚)の単行本

ツイートする