テクスト理論の愉しみ―1965‐1970 (ロラン・バルト著作集 6)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Roland Barthes  野村 正人 
  • みすず書房 (2006年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622081166

テクスト理論の愉しみ―1965‐1970 (ロラン・バルト著作集 6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 958/b7-1/6

  • 2009/
    2009/

    セリーヌに関する質問への回答 大衆文化と高級文化 演劇についての証言 構造主義に関するアンケートヘの回答 弁証法的なエクリチュール もしそれがお前でなければ 序文:エマニュエル・プレール 芸術家と政治に関する質問への回答 ジェイムズ・ボンドに関する質問への回答 修辞学研究 マルト・アルヌー展 アラン・ジラール『日記論』 序文 修辞学研究・続・講義の報告 視覚化と言語 構造主義についての対話 モードと人文科学 オペラについて エドアルド・サングイネッティ 靴下と思想 シャネルとクレージュ対決 序文 歴史のディスクール研究 『モードの体系』について 言語学と文学 社会、想像力、広告 物語テクストの構造分析:バルザックの『サラジーヌ』 構造主義と記号学 日本:生活術、記号の技術 アレハンドロ 書く理由十か条 寡黙な太陽 文化批判の一例 物語テクストの構造分析:バルザックの『サラジーヌ』・続 インタビュー 男性、女性、中性 フィリップ・ソレルスへの手紙 意味の問題性 序文 序文 批評と自己批判 空虚な記号でつながれた世界 理論について

全2件中 1 - 2件を表示

ロラン・バルトの作品

テクスト理論の愉しみ―1965‐1970 (ロラン・バルト著作集 6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テクスト理論の愉しみ―1965‐1970 (ロラン・バルト著作集 6)を本棚に「積読」で登録しているひと

テクスト理論の愉しみ―1965‐1970 (ロラン・バルト著作集 6)の作品紹介

バルトの全容を年代順・新訳で集成。記号学や構造主義を広める活動へと、踏みこんでゆくバルト。「言語学と文学」「男性、女性、中性」「意味の問題性」など、新批評の論客、良き教師としての姿を示す、テクスト・対話、全43篇。

ツイートする