『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)

  • 140人登録
  • 3.54評価
    • (11)
    • (12)
    • (31)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 石原千秋
  • みすず書房 (2005年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622083061

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そんな視点もあるか…❕
    書いている『私』の状況と、お嬢さんがどこまで知っていたのか。

  • 先生、青年、静の立場から「こころ」を読む

  • 高校2年の現代文の授業でやった『こころ』が好きだった。
    矛盾点とか、全然気付かなかった。
    こういう解説も面白い。
    国語が面白くないという人は、ぜひ、『こころ』を読んでから挑戦してほしい。

  • テクスト論というらしい。作者の意図よりも、その文章の書かれた時代や、文章上の表現から小説を読み解く方法論。刺激的でした。
    言葉を扱うということは面白いことだと思うと同時に、その難しさを感じる。言葉を大切に扱いたい。
    ネタバレになるけど、「なるべく」は「純白」にかかってるんじゃないかなぁ。なるべく公表しない。はちょっと飛躍しすぎの感。「もうすでに純白でないかもしれない」という留保としての「なるべく」な気がする。

  • 読み直す度に、解釈が変わる名著だと改めて思った。専門家の解釈を読むのも面白い。

  •  小説内のほころびや読んだときにちょっとだけ「あれっ!?」と違和感を感じるところなどを手掛かりに、隠された情報や真実を推測してゆく過程は、すぐれた謎解きを体験するようなワクワクした感覚に満たされます。
     そういう作業を可能にするためには、バックグラウンドとしてその小説の書かれた時代や人生の機微、心理学などいろいろな教養を要するということを痛感しました。
     当然のこととして何度も小説を分析的に読んでゆくという大変な作業が必要になるのでしょうが、素人はそこまでいかなくてもゆっくりと小説を味わい、考えながら、大いに空想を働かせながら読んでゆくことによって、ザッと読むのでは分からない事実に出会うことができるかもしれません。
     ただし、そういう作業に耐えうる小説であることが前提であり、そういうものが”古典”たりうるものなのかもしれません。
     

  • 漱石を長年研究してきた方が、高校生向けに書いているのでとてもわかりやすい。根拠も明確です。「こころ」をより深く知る手がかりになります。

  • [ 内容 ]
    大人になることは、かつては親を超えることでした。
    ところが、その機会を奪われたのが、ほかならぬ「先生」です。
    そこに不幸の始まりがありました。
    「先生」が果たせなかった“父親殺し”の問題を、詳細に追究します。
    さらに、「先生」「K」「私」をめぐって幾重にも仕掛けられた驚くべき謎を読み解きます。
    最高の漱石入門。

    [ 目次 ]
    第1回 なぜ見られることが怖いのか(長すぎた遺書;眼差しへのこだわり;眼差しが怖い ほか)
    第2回 いま青年はどこにいるのか(語る人間の物語;冒頭と末尾の矛盾;隠された感情 ほか)
    第3回 静は何を知っていたのか(「先生」と呼ぶ理由;エリートのための純粋培養システム;高等教育の中の出会い ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 結構ムリのある論展開のところもあるけれど、流石は「こころ」論にメスを入れた一人者といったところ。文章の書き方がすごく上手い。将来教師になったら、高校生にこれを読ませて、批判させてみたい。

  • レベルは下げないで研究内容を高校生に向けてわかりやすく書いたとあるとおり、小森陽一の『漱石を読みなおす』よりも読みやすかった。

    私が知りたかった「先生の死後の静と私」に言及した小森陽一の論の根拠が紹介してあってすっきりした。

    それにしても漱石は奥深い。


    作成日時 2008年03月20日 12:21

全19件中 1 - 10件を表示

石原千秋の作品

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)を本棚に「積読」で登録しているひと

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)の作品紹介

大人になることは、かつては親を超えることでした。ところが、その機会を奪われたのが、ほかならぬ「先生」です。そこに不幸の始まりがありました。「先生」が果たせなかった"父親殺し"の問題を、詳細に追究します。さらに、「先生」「K」「私」をめぐって幾重にも仕掛けられた驚くべき謎を読み解きます。最高の漱石入門。

『こころ』大人になれなかった先生 (理想の教室)はこんな本です

ツイートする