『白鯨』アメリカン・スタディーズ (理想の教室)

  • 25人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 巽孝之
  • みすず書房 (2005年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622083078

『白鯨』アメリカン・スタディーズ (理想の教室)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『白鯨』を21世紀の視点で読む

  • [ 内容 ]
    「世界名作十大小説」に必ず入る『白鯨』。
    この物語は、魔獣モビイ・ディックへの単なる復讐譚ではない。
    時空を越えて現れる巨大生物が象徴するものとは何か?
    ここに19世紀から21世紀へ至るアメリカ文明史を、そしてグローバルな現代史をスリリングに読み解く。
    新訳相次ぐ現在、アメリカ研究の第一人者が満を持して贈る。

    [ 目次 ]
    第1回 世界はクジラで廻っていた(時空を超える『白鯨』;ニューヨーク作家メルヴィル;「明白なる運命」の光と影)
    第2回 恋に落ちたエイハブ船長(神々の戯曲;エイハブ対モビイ・ディック;拝火教徒フェダラーとは誰か?)
    第3回 核の文学、文学の核(復讐するは「我」にあり;米ソ冷戦時代の想像力;モビイ・ディック・リハーサル)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

巽孝之の作品

『白鯨』アメリカン・スタディーズ (理想の教室)の作品紹介

「世界名作十大小説」に必ず入る『白鯨』。この物語は、魔獣モビイ・ディックへの単なる復讐譚ではない。時空を越えて現れる巨大生物が象徴するものとは何か?ここに19世紀から21世紀へ至るアメリカ文明史を、そしてグローバルな現代史をスリリングに読み解く。新訳相次ぐ現在、アメリカ研究の第一人者が満を持して贈る。

『白鯨』アメリカン・スタディーズ (理想の教室)はこんな本です

『白鯨』アメリカン・スタディーズ (理想の教室)のKindle版

ツイートする