ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ (理想の教室)

  • 28人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 野村喜和夫
  • みすず書房 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622083269

ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ (理想の教室)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    「言葉の意味は一瞬である。
    だが言葉の実在の輝きは永遠である」―天才詩人ランボーの『地獄の季節』は、いまなお最高の「現代詩入門」です。
    詩人になりたい人へ向けて、この「詩と格闘する詩人の物語」を鮮やかに再現します。
    詩人の心構え、詩的言語の独自性がまっすぐに伝わる本書で、あなたも実作への扉を開けてください。

    [ 目次 ]
    テクスト―「錯乱2―言葉の錬金術」
    第1回 詩がみえてくる(イントロダクション;『地獄の季節』はどう読まれてきたか;『地獄の季節』の現代性;「美」を膝に乗せること―序文のメタポエティック;描写と教訓の否定;「私探し」を超えて―詩人のステータス;「わが無垢のひろがり」;矛盾は矛盾のままに―詩人の言説)
    第2回 詩が狂おしい(愛と詩;「狂気の処女」―詩人と作品との関係;かくもポップなランボー;詩的言語;言い表しがたいものを書く;朝の時間;アナロジーとイロニー;「語たちの幻覚」へ)
    第3回 詩が詩を離れてゆく(自壊のプロセス;渇きと飢え;クライマックスあるいは「永遠」;空無の詩学;「私は架空のオペラになった」;減衰的反復;最後のパフォーマンス;最後の最後まで詩だ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 詩人にはならなくておk、と思いましたけれども、ランボーの何が評価されてるかを噛み砕いて教えてくれます

全3件中 1 - 3件を表示

ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ (理想の教室)の作品紹介

「言葉の意味は一瞬である。だが言葉の実在の輝きは永遠である」-天才詩人ランボーの『地獄の季節』は、いまなお最高の「現代詩入門」です。詩人になりたい人へ向けて、この「詩と格闘する詩人の物語」を鮮やかに再現します。詩人の心構え、詩的言語の独自性がまっすぐに伝わる本書で、あなたも実作への扉を開けてください。

ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ (理想の教室)はこんな本です

ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ (理想の教室)のKindle版

ツイートする