沈黙の世界 (始まりの本)

  • 42人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 佐野 利勝 
  • みすず書房 (2014年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622083726

沈黙の世界 (始まりの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 静寂たる様相が沈黙であるのだいう表層的な認識は拭い去られた。
    祭りに横たわる静けさがある。喧騒の傍で佇むともしび、花火の間隔、後戸の包容。行き交う街とともにある聖なる風景、水面、田、並木、森、山々、夕陽のうつろい。時刻の間から充溢する無機的なもの、その美的秩序の永劫回帰性。

    純粋な沈黙そのものは絶えることなく、環境に、生活と共存している。生活における円環が描かれることによってはじめて、沈黙はその透明性を帯びながら析出してくる。対比されることによって、自らに負荷してきた重力的なものが流出し、そしてついには、沈黙という環境に内化される。そのとき、沈黙という治癒の源は、破損された秩序を回復し、自己が超越される。それはピカートの言う「隠れたる神」(Deus absconditus)の恩寵に他ならない。

    冒頭において述べられる。「...今日ではすっかり蔽いかくされている沈黙の世界を、われわれはふたたび明らかにせねばならないのだ、—それも、沈黙のためにではなく、言葉のためになのである」(2)。

    Vesica pisces.

  • ・・・・

    みすず書房のPR
    「『われわれ自身の中のヒトラー』のピカートによる古典的名著。人間が自立的・主体的な存在であるための「沈黙」の意味を探る。
    『われわれ自身の中のヒトラー』に並ぶ、著述家M・ピカート(1888‐1965)の主著。言葉、歴史、芸術など様々な事物と「沈黙」との関わり、人間が自立的で主体的な存在としてあるための「沈黙」の意味を探る。「騒音語が万事をならし、均等化してしまう」世界はいかにして生まれてくるのか、緊密な筆致で綴る。新版刊行にあたり、エマニュエル・レヴィナス「マックス・ピカートと顔」を付す。」

全2件中 1 - 2件を表示

マックス・ピカートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
スティーブン・ピ...
エーリッヒ・フロ...
小川 洋子
エーリッヒ・フロ...
マイケル・ポーラ...
スーザン ソンタ...
トマ・ピケティ
マルクスアウレー...
スタンレー ミル...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

沈黙の世界 (始まりの本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈黙の世界 (始まりの本)を本棚に「積読」で登録しているひと

沈黙の世界 (始まりの本)の作品紹介

『われわれ自身の中のヒトラー』に並ぶ、著述家M・ピカート(1888‐1965)の主著。言葉、歴史、芸術など様々な事物と「沈黙」との関わり、人間が自立的で主体的な存在としてあるための「沈黙」の意味を探る。「騒音語が万事をならし、均等化してしまう」世界はいかにして生まれてくるのか、緊密な筆致で綴る。新版刊行にあたり、エマニュエル・レヴィナス「マックス・ピカートと顔」を付す。

沈黙の世界 (始まりの本)はこんな本です

沈黙の世界 (始まりの本)の単行本

ツイートする