ハンザ 12-17世紀

  • 26人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
制作 : 高橋 理  奥村 優子  小澤 実  小野寺 利行  柏倉 知秀  高橋 陽子  谷澤 毅 
  • みすず書房 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622085119

ハンザ 12-17世紀の作品紹介

ロシアからアイスランドにおよぶ中世北ヨーロッパ交易を支配した、最大にして最長の商人・都市共同体、ハンザ。その制度、文化、歴史を余すところなく詳述した決定版。

「ハンザは、当時の法曹家が当惑するような奇妙な勢力でもあった。ハンザは主権国家ではなかった。というのもハンザ都市は神聖ローマ帝国の領域内に存在し、程度の差はあれ、いずれも多様な聖俗領主の支配下にあったからである。緩やかな組織であるハンザは、法人格を持たず、恒常的な財政や陸海軍も有していなかった。印章もなければ固有の官僚組織や統治機構も持たなかった。唯一の例外的な組織であるハンザ総会 Hansetag すらも開催頻度は低く不定期であり、さらに真の意味で全メンバーが出席する総会であったことなど一度もなかったのである」(序論)。
この、すぐれて中世的でありながら、奇妙な交易「共同体」の黎明期から終焉までを追った全史である。
通史に加え、ハンザの組織構造、都市間の関係、船舶・航海・船主のありよう、ハンザ商人の類型と生涯、ライバルとの競争、地域ごとの交易品、生み出した言語・美術なども章別に詳細にとりあげ、ハンザを多角的に照射する。
原書出版後、直ちにハンザ通史最良の定番としての地位を獲得した決定版、ついに邦訳。

ツイートする