職人の近代――道具鍛冶千代鶴是秀の変容

  • 11人登録
著者 : 土田昇
  • みすず書房 (2017年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622085935

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

職人の近代――道具鍛冶千代鶴是秀の変容を本棚に登録しているひと

職人の近代――道具鍛冶千代鶴是秀の変容を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

職人の近代――道具鍛冶千代鶴是秀の変容を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

職人の近代――道具鍛冶千代鶴是秀の変容の作品紹介

刀工名家に生まれ、廃刀令後の明治に大工道具鍛冶として修行し、道具を実際に使う大工たちの絶賛によってゆるぎない地位を得た千代鶴是秀(1874-1957)。
修業時代に師から使用者重視という製作思想の根幹を心に刻みつけられた是秀の、機能美の極致のような作品の中で、唯一ほかと異なるたたずまいをもつのが一群のデザイン切出小刀である。自由で流麗な意匠をまとったこれら切出群は、実用面からいえば使いにくく、道具が道具でなくなるギリギリの地点に位置する。抜群の切味を隠し持ちながら、使用されることを想定しない非実用の美。道具鍛冶として名声を得ながら、是秀はなぜ実用を犠牲にした美しいデザイン切出を作ったのか。
著者は祖父、父と三代にわたる大工道具店を営む中で、長年、千代鶴是秀の作品に向き合ってきた。是秀からじかに教えをうけた父、土田一郎から伝えられた貴重な話や資料を手がかりに、朝倉文夫らとの交わりをはじめ、是秀の周囲の芸術家や文化人、職人たちの跡をたんねんにたどり、その作風変化の謎を時代という大きな背景の中でひとつひとつときほぐしてゆく。鑿や鉋、切出と深く対話するように。鍛冶文化の豊かさを伝えながら。

ツイートする