集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)

  • 53人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Mancur Olson  依田 博  森脇 俊雅 
  • ミネルヴァ書房 (1996年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623026708

集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)の感想・レビュー・書評

  • 合理的な個人は自らの利益を求めるために集団や組織を作る。存在する全ての集団は、なんらかの集団的利益を獲得するために努力する。しかし集団の中において、個人の努力はまわりに影響を与ええるほど大きくはなく、自分が努力しないで利益を得ることを期待することになる。それが個人にとっては合理的だからである。結果、合理的個人によって作られた集団において、集団利益を獲得するための合理的な合意がなされることは難しい。

    集団行為、公共財の性格を説明した、政治学・経済学で非常に重要な本の一つ。

全2件中 1 - 2件を表示

集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に登録しているひと

集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

集合行為論―公共財と集団理論 (MINERVA人文・社会科学叢書)はこんな本です

ツイートする