豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日

  • 128人登録
  • 3.61評価
    • (10)
    • (15)
    • (23)
    • (2)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 黒田恭史
  • ミネルヴァ書房 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623038336

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
湊 かなえ
劇団ひとり
有川 浩
角田 光代
三浦 しをん
村上 春樹
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日の感想・レビュー・書評

  • ちょっと話題になってたから本を読んでみたけど、ちょっとがっかりだった。

    命の大切さ、に子どもたち自身が気づき、pちゃんを守りたい
    という意見を持つことはもちろんすばらしいことだけど、

    担任の教師が、あまりに子どもに任せすぎではなかったのかなぁと思いました。
    まだ小学生だから、いろいろなヒントを与え、進む道を作っていく方法を指南してあげるべきなんじゃないかと。

  • 賛否両論あっても当然だろうなぁ……と思える。
    教育方法論として読んではいけないと思う。
    むしろ、教育に真っ正面からぶつかり、苦悩している一人の先生と生徒たちの記録として、受け取るのがいいと思う。

    はっきりいって、先生のもくろみは失敗して、皆、辛い思いをした。
    意見の変化、子供たちが議論を交わすところなど、大人と変わらない面を見せたりもする。かと思えば、子供っぽいところも。
    大人でも、おそらくこの議論をすれば、険悪な雰囲気になり、収拾がつかなくなる。
    著者も、この本に書かれている以上に傷を負ったに違いない。
    その証拠に、再び同じ事をしようとはしていないし、誰にもおすすめもしていない。
    でも、取り返しのつかない失敗ではなく、ひとつの大きな体験として、子供たちの中に残っていったのではないだろうか?

    今の子供たちは、多くの命の犠牲に自分の命が養われている事に気がつかない。そのチャンスが少なすぎる。
    米を育てて収穫するのと、ブタを育てて肉にするのとでは、そもそもの考え方は一緒である。
    でも、なぜ、育てた米は食えても、ブタは食えないのだろうか?
    子供たちは、他のブタ肉なら美味しく食べられる。でも、Pちゃんは嫌だという。
    家畜をペット化してしまったことに間違いがある……といえばそれまで。
    でも、世界にはかわいがって育てた動物を、特別な時に捌く風習はたくさんある。
    彼らは残酷で人でなしなのだろうか? 違う。
    でも、自分の身に置き換え、大事に育てたPちゃんを捌こうと思えば、残酷でかわいそうでできないと思うだろう。

    教育には、先生が筋書きを作り、導きだす結論が必要なのかもしれない。
    理科の実験でも何でも、先生は結果を知っていて、子供たちに試させるのだ。
    だが、先生も人間であり、食べられるブタも生き物であれば、けして結論がひとつでなかったことは、間違ってはいない。
    そもそも、たったひとつの正しいことなどはない。たくさんの正しくて間違っていることがある中で、何が一番ベストなのかを、考え抜いて選ぶことが生きることなんだと思う。
    この授業が失敗だったとしても、この本で得られるものは、とても大きい。

    星をひとつ減らしたのは、子供たちの絵やらPちゃんの写真やら、もっと見たかったから。
    ブタって本当に愛らしいんですよね。小さいうちは。
    みるみる大きくなって、子供たちは大変だっただろうと思う。
    Pちゃんの愛らしさやら、苦労話やら、子供の目線がもっと含まれていたら、さらに最後の決断が辛く厳しいものであったことが、よく伝わったと思う。

  • <閲覧スタッフより>
    命の授業の一環として豚を飼うことになった32人の小学生。最終的に豚を食べるか、ペットとして飼い続けるのか・・・豚の飼育を通して本当の学びとは何かを模索する教師、命について、生と死について必死に考える小学生たちを追った実際の記録。2008年の映画「ブタがいた教室」の原作。
    --------------------------------------
    所在記号:375.182||クロ
    資料番号:20095789
    --------------------------------------

  • すごいことだととりあげようが、これを経験した児童たちが成人を迎え一般的といえる範疇にあるというのは、ロマンはないけど、示唆に富んでいる。
    黒田先生自身にはそのつもりはなくても、この飼育が教育ではなく教育手法の実験場という側面が強くなってしまったのが、いろいろと議論と感情のぶつかる場となってしまったんだろう。

  • 興味深いが、先生が優柔不断でイラッとした。

  • 日本の学校教育の限界
    教え導くのか学びを促すのか
    教育とは何か

  • まず映画を見ていたので、映像とのリンクですらすら読めた。先に本だと、ちょっと読みづらいかも。
    命の教育、これからの母としての命題でもあるな。食べ物の命しかり、自分の命しかり。

  • 最初の3年が大事。この姿勢とても感銘した。実話として、勇気づけられる内容だった。私も、経験の浅いことなどかなぐり捨てて、思いっきりぶち当たって以降と思う。トライ&エラー!万歳!

  • とにかく、豚飼ってみる。
    そして、それを子供たちがどう受け止めるか。
    意味は、後からついてくる。
    そんな感じで始められ、その意味が大きく、複雑なものを
    抱えていることに、気づき、すっきりとした一つの結論としての
    答えを与えない。
    大きな問題を提起はしたけど、答えは出ていないので、
    人によっては、違和感を感じるかもしれない。
    答えは、人それぞれの胸の中にあるんだと思う。
    いい本です。

  • なぜか最近豚づいていて、豚つながりでたどりついた本です。小学校での豚の飼育を通じて、命について考えた、というようなテーマです。が。
    生き物を殺して食べる、ということは当たり前のことでいながら、どこかの誰かにその行為を任せている、ということにあまり立ち入ることがありません。
    「混乱」や「先送り」、「思わぬ結論」といった、社会にあって教育現場に少ないことを体験できたのは、小学生にとってよかったのかもしれません。でも、この結論は…。ちょっと冷めてみてしまうなあ。当事者だったら、全然違う興奮があるのには違いない。

  • 映画になってましたよね。
    とっても読みやすくて、良い本です。

  •  とにかくまず第一に、自らも傷だらけになりながらの生身の実践に敬服いたします。
    無難に収め、小さくまとまる今の教育に一石を投じたのは間違いない。
    「筋書きのある授業」でも「筋書きのない授業」でもなく、「筋書きにない授業」を求めるという姿勢も素晴らしい。
    しかし、・・・・である。
     この授業を許容するだけの土壌が、学校にも、保護者にも、よって生徒にも無いのが残念だ。
     この実践が悪いわけではない。先生のとことんまで議論をさせた姿勢は凄いし、最初の狙いも素晴らしかったと思う。
     ただ残念ながら、生徒のとことんまで行った議論が、最終的に結果に反映されなかったことが何ともやるせない。
    どちらの結果になろうと、生徒の議論が反映されていたら、評価も180度変わったものになったのではないかと思う。
     黒田先生も、学校や教師を信用し切れていなかったと書いていたように、食肉センターに連れて行くという結論に先生自身も納得し切れていないところに後味の悪さが残った気がする。先生は最後まで悩んでいたので生徒は、あからさまに反論しなかったが、結果的に生徒が出来レースに踊らされていたコマのように感じたのは、僕だけだろうか。「若かったから」、「失敗も経験」と言えばそれまでだが、もう少し手前で他の教師が(例えば教頭や校長が)手を差し伸べられなかったのだろうか。TV的にはそんな終わり方は、できなかったかもしれないが、管理職の様子が全く文章に表れなかった分だけ、見えない圧力のようなものが、感じられてしまう。TVカメラが入ったことと、(担任ではなく)学校の姿勢が薄れたことが裏表だとしたら、NHKやフジTVのキャスターが怒った理由は正当だと思われる。
     いずれにしても、とてもいろいろ考えさせられた実践でした。

  • 2011年7月24日読了。

  • 教育とはなにを指すのか。それをすごく考えさせられました。わたしは黒田せんせいの「命の授業」は素晴らしいと思った。日常と接点を見つけることの難しい教科も、すこし視点を変えるだけでPちゃんへ結びつき、リアルで実用的なものと変化する。そうして学んだものの方が、身につく。机上の学びより、5感や感情を伴う学びがいかに印象に残るか。わたしはPちゃんを飼うことにしたこと自体よりも、先生のPちゃんを媒介にしての教科の取り組み方が素晴らしいと思った。

    この本は賛否両論。

    賛の意見も否の意見もインターネットには沢山ある。

    Pちゃんと名付けること。
    指導する際の構想から外れてしまったこと。


    教育とは何か。


    教育がすべて教師の筋書き通りにすすめようとしなくてもいいのではないか。それこそ、子どもの実態に合わせ、最終的に"ねらい"を達成することができればいいのではないか。
    Pちゃんを食べることは出来なかったが、子どもたちはPちゃんと一緒に生きていく中で"命"というものを感じ、考え、自分の気持ちを伝えることができた。そのことで充分なのではないか。



    最後に文中から引用する。
    「筋道のない授業は確かにいけない。しかし、筋道"に"ない授業は・・・」



    どのような教師になるか。
    ひとつ、わたしの中に像がたまりました。

  • 妻夫木聡主演の映画『ブタがいた教室』の原案となった本です。

    4年間クラスのみんなで飼った豚のPちゃん、生き物を育てるという中での変化は勿論、最後はどうする?ということろまで、生徒が考え抜き関わり続けています。

    命の大切さを謳った本は山のようにありますが、この本は生徒の心の動き、教師の葛藤までもが詳細に綴られているという点では一番身近で考えさせられるものでした。

    金森俊朗氏『いのちの教科書』はあまりに有名ですが、その前にこれも読んでみると視点が変わるかも知れません。


    (福岡教育大学 院生)

  • 本書の舞台となる、大阪府の最北に位置する四方を山に囲まれた小さな町にある東能勢小学校。新任教員として赴任してきた著者は、担任となった4年3組で『豚』を飼うことを提案する。
    食とは、命とは・・・
    教育の現場で『命』をどのように経験させ、教えることができるのか?
    900日にわたる『命』の授業の記録である。


    テレビでも取り上げられ映画化もされるなど話題となった実録本です。私は結末を知らなかったので読んでみたのですが、認識とはだいぶ違う話でした。自分たちが食べたわけではなかったのですね。食べるということを前提として飼い始めたものの情が移り葛藤するという話だと思ってました。
    先生の中では『食』という教育の一環としての気持ちもあったようですが、子どもたちとはその話はせずに飼い始めたようで。なら、悩みますよね。家畜として飼い始めたとしても2年も世話をすれば情が移ってしまうと思います。
    飼えなくなったから食肉センターへというのは、なんだか保健所へ行く犬や猫とダブってしまいます。それで命を大切にしていることに繋がるのだろうか、どうせなら自分たちで食べて欲しかった・・というのが本音ですが、この子たちにそれを言うのは酷というものでしょうし、私にはそんな権利はありません。想像以上に大変な飼育をしっかりとやり遂げた子どもたちと先生が、悩みに悩み考えて出した結論です。みんなどれだけ辛かったことか。
    「飼育もやっていない大人にそんなこと言われたくない」
    「別に食べたくないけど、食肉センターに売るくらいなら、自分たちで責任をもって食べた方が、Pちゃんとしてもいいかも」
    子どもたち、ひとりひとりの言葉はとても重いものでした。
    先生は、もう少し煮詰めてから実行すればよかったのに・・と、思わなくもないですが、『食育』なんて言葉もない時代、『死』がタブー視されて遠ざけられている時代に、これだけのことを実行した情熱はさすがだと思いました。

  • 一期一会な本です。
    図書館のオススメコーナーの棚で目に止まったのは、妻夫木聡さんが主演する「ブタがいた教室」という映画の予告をたまたま見て、タイトルを知っていたからというのがきっかけでした。
    「みんなでブタを飼って、最後には食べます。」

    強烈なインパクトを持ったセリフでした。
    だから、タイトルを覚えてたんだと思います。

    でも、映画は実際とは話の展開が違うようですね。
    食べることは最初、想定してなかったということを読んで知りました。

    新任の先生が、普通と違うことを行うこと、とても大変だったと思います。
    保護者や同僚、上司、そして世間からも常にプレッシャーをかけられていて、本来の仕事である生徒への教育がやりたいようにできない悔しさが積もって、諦めたり虚無感を持ったりした教職者というイメージを持ってます。
    私は現在の教育業界(役所、学校、教師、生徒、保護者)というものに不信感たっぷりで、自分の子ども(まだいないけど)には日本の学校通わせるの迷ってるほどです。

    でも、この本を読んでると、それは私の勝手なイメージだったんだなと。

    おそらくテーマである、「命ということ」については、他の方がたくさん書かれてるであろうし、この問いに対しては唯一の答えを出すことが簡単にはできないと思います。

    教育も同じだと思う。
    「こんな教育をしていれば、みんな素晴らしい生徒に育ちます」なんてメソッドは未だに存在してない。

    「教育」って、お役所の言うとおりの方法でするだけでいいのか?
    現場の判断で、様々な方法・手段があっていい。
    ただ、それをやり遂げるかどうかは、独りの力じゃ無理。
    この本も学校以外の多くの方々の力を得て、成り立っていることが書かれてました。

    円周率が3でいいのかとか、もっと国民が教育に対して真摯に考えるような世の中になればいいなぁ。

  • ぶたの飼育を通していのちの大切さを考える、ということは、「生きる」ということの意味を問うものであると思います。 この本では、多くのことを考えさせられました。

  • 命の大切さをしった

  • この本は実際の小学校で本当に行われたという命の授業の記録の本でした。
    最初先生はブタを連れてきたとき「世話をして最後はみんなで食べよう」といっていたが生徒たちはPちゃんと名前をつけて、クラスみんなで当番制でお世話をしていたりして、みんな最終的にはPちゃんを食べるということを忘れてしまうくらいかわいがっていました。
    卒業を控えた間近でPちゃんをどうするのかと学級会で決めるときの生徒の一人一人の意見が自分に食べ物へのありがたみを思い出させてもらいました。本当に読んでみてよかったです。

  • 今から15年以上も前に、実際に大阪北部の小学校で一人の新米男性教師が、自分が担任を受け持った32人の生徒に「クラス(学校)で豚を飼う」ことを提案し実践した、900日にわたる日々のことを綴った本です。

    久し振りに読んでいて息が詰まる思いがしました。4年生で黒田先生の提案により、豚のPちゃんを飼い始めたのはいいものの、5年生のクラス変えでみんながバラバラになる時、6年生で卒業する時、

    大きく育ちすぎてしまったPちゃんを誰が世話をするのか?
    Pちゃんの今後をどうするのか?


    大人である先生や、先生の同僚の職員たち、生徒の父母達でさえも手に余る問題なのに、子ども達で結論を出すことを度々突きつけられるシーンは、読みながら生徒達に感情移入してしまってかなり凹みました。私も生徒と一緒になって悩み、最良の答えとは何なのか?考えは二転三転するばかり。

    情けないことに読み終えた今でも「これだ!」と確信をもって言える答えらしきものは何一つ持ち合わせてはいません。けれど最終的に黒田先生のとった行動には、もろ手をあげては賛同出来ない。ただ、黒田先生が示したかった事は、当時関わった人達の中に何らかの形で確実に根付いていたと思う。(黒田先生は否定していらっしゃいましたが)

    私は、Pちゃんの飼育の過程で何かを学びとる事こそが大事なんじゃないかと思う。

    だから、感情的な反発心かもしれないけれど、子どもたちの卒業を控えた直前になって、今後のPちゃんの処遇を最終的に子ども達の手で決定させるのは、(そして、その決定をその後先生自身が覆すのも)ちょっと納得のいかない部分もありました。

    けれど、一人の児童が(Pちゃんは食肉センターにひきとってもらうのが妥当)だという自身の親に向けて告げた


    「飼育もやったことのない大人にそんなこと言われたくないわ」


    この言葉は、色んな意味を持って私の胸に深く刺さりました。

    もっと早い時期から今後の方針をどうするのか先生が動きを作っていたら
    そもそも、先生が最初から処遇を明確にしていれば


    本を読んで現実にあった事を知る私は、起きてしまった事実に対して感じたことを「たられば」で後から何とでも言えるけれど、実際にこの現場に関わっていたら、確固とした意志を持って発言し行動が出来るかというと、そんな自信なんてまったく無い。

    本書で黒田先生はご自身の弱みも挫折も隠すことなく、極めて客観的に「ひとつの記録」として、この出来事を書き綴っていらっしゃいます。その真摯な姿勢には心から敬意を表したい。

    本書を読んで、何を感じるか、何を見出すかは人それぞれ違うと思いますが、己の手で命に触れた生徒達の「生きた言葉と記録」が、この本にはぎっしりと詰めこまれていました。


  • ・生徒の考え方が多種多様で、大人と変わらない考え方
    言っていることは大人も子供も変わらない

    ・スーパーなどで売っている豚肉は生きていた豚
    「食べ物」じゃなくて「生き物」
    それを認識することができた(思い出させてくれた)

    ・でも正直自分ではやりたくない

  • 「命」の教え方にはいろいろあるだろうけど、学校で豚を飼うっていう発想自体が突飛。
    命の重さは、生きるということは、死を前にしないとわからないのだろうか。「死」とか「命」の教育にはけっこう関心がある。
    「三年間で、何ができるか。」そうやって、情熱的に教育に関われたらいいな。

    さいご卒業するときに、さいごの選択肢について、クラス一人一人が考え、悩み、話し合うところは、これぞ教育だと思った。この世の中に、完全に正しいことなんてない。より良いほうを選ぶことができるように、一人一人が真摯に問題と向き合い、時には論争になったりして、そういうことも必要なんじゃないかな。決して、先生が教えることだけが教育なのではない。

全31件中 1 - 25件を表示

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日を本棚に「積読」で登録しているひと

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日の作品紹介

平成2年〜4年にかけて、大阪北部の小学校で、豚の飼育を通して教育を考え、命を見なおそうとした実践が展開され、話題となった。教育の現場で「命」をどのように教えることができるのか、経験させることができるか-。本書は、答えを求め続けた900日間にわたる「命の授業」の記録である。

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日はこんな本です

ツイートする