子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)

  • 15人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 円より子
  • ミネルヴァ書房 (2005年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623045051

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルに惹かれて借りた本。

    いつの間にかキャリア志向でなくなったBOAYAですが、ワーキングマザーを目指すものとしては、読んでみてもよいかな、とおもい。

    心に残ったフレーズいくつかあった。

    *「習い事をさせることに必死になるよりも、子供に夜更かしをさせないで早寝早起き健康的な基礎力を身につけさせることのほうがよっぽど大事」

    →なるほど。「お金をかけずに手間暇かけて子供力を身につけさせる」ってあったけど、そういうことか。


    *「母以外の手がかかっていない子供は、母と同じ信頼を母以外の人にも求めてしまい、その結果、母と同じように守ってくれないことに絶望し人を信用しなくなりさらに母への依存が強くなる」

    →身近に母以外の人が触ると泣いてしまう2歳児がいるので、これはとてもよくわかる。うちの子はいろんなひとに抱っこしてもらおう!

    *「高層マンションに住むと、家からでるのが面倒で家の中で完結させてしまう傾向にあり、となりや下の階などご近所さんの声も聞こえにくく、1階で遊ぶわが子の姿がすぐに観れない。できるだけ地べたにちかいマンション階数にすもう」

    →なるほど。高層より低層の2・3階のほうが価格も安いしね。今後の家選びの参考にもしよう。

    *「胎児は母親の気持ちを理解している」

    →ちょうど逆子が治ってほしいとつよく念じていろんなことをしながらこの本を読んでいた。翌日の検診でなんと1ヶ月逆子だったのに治ったよ!!
    娘と初めて会話ができた気がした瞬間。

  • なるほどなるほど、と思える部分と、どうしても共感できない部分と両方ありました。こんなふうな人もいるんだな、というかんじで読み終えました。

  • 当初思っていたよりも内容が重いかなと感じたが、読んでいるうちに本の中に入っていけた。
    こういった類の本は今まであんまり読んだことがなかったし、たとえば育児書にしても賛否両論で、本当に書いている人によって本によって、全然内容が正反対だったりする。それぞれが経験したことや相談を受けた中などで、自分が信じている方法を読者に伝えてくれているのだろうと思うが、どこまで参考にしたらいいのかなかなか難しいところがある。でも、何も知らないよりはできるだけたくさんの人の本を読んで、自分が共感できるところや納得できるところを取り入れていくのがいいのかなと思う。何も知らないことも怖いし、少し読んで鵜呑みにして知ったつもりになるのも怖い。何事においても視野を広く持つことが大事かと思う。この本は、そういう意味では一つの意見として、実際に子育てをされた女性がその視点から書いているので、参考にできるところもあるのではないかと思う。

  • 26/100

全4件中 1 - 4件を表示

円より子の作品

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)を本棚に登録しているひと

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもとキャリアどちらもほしい―30代は二度こない (MINERVA WOMEN’S LIBRARY)はこんな本です

ツイートする