南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 飯倉照平
  • ミネルヴァ書房 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623047611

南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)の感想・レビュー・書評

  • 三葛館一般 289.1||II

    本書は熊楠の生涯を年代記風に書いた評伝であり、日常的な流れを主とした内容は読み物としても十分に面白い作品です。また、巻末には参考文献の他、年表や事項・人名索引も付随し熊楠の人物研究にも利用できるかと思います。本書の副題「梟のごとく黙坐しおる」は孫文への心情を語った言葉であり、少し強固な印象を受けます。しかし熊楠の臨終の夢うつつの言葉は、自然を愛した言葉のようであり、本書の日常的な内容と相まって"てんぎゃん"熊楠の印象が少し変わった気がします。
                                  (ぶどう)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=88632

全1件中 1 - 1件を表示

南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)を本棚に「積読」で登録しているひと

南方熊楠―梟のごとく黙坐しおる (ミネルヴァ日本評伝選)はこんな本です

ツイートする