知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 南川高志
制作 : 南川 高志 
  • ミネルヴァ書房 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623048472

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は、ヨーロッパが蓄積してきた人文学の歴史と伝統を概観し、それをどのように教育・研究してきたのかを明らかにしている。これは、今日の教養教育を考える上で、大切なことと信じている。

    商人と人文学とは、関係が薄いという先入観を持っていたが、本書によりそれは修正された。フランスをはじめとするヨーロッパで、絶対主義体制の維持を目的に、国富増大のための「重商主義」がとられた。ここで重要な役割を果たした、いわば特権的な商人は、子息を育成するために、読み書きそろばん、丁稚奉公、複式簿記、為替手形の実務を学んでいく必要性があった。加えて社会的上昇を目的としてコレージュに通わせ修辞学を学んだ。教養のある商人は、好みによった文化活動を行っていった。エリート商人は、ミュゼ・ド・ボルドーを設置にかかわり、語学・人文学・自然科学教育・演劇・音楽の教養を身に付けた。それは貴族や官僚とは異なった世界だったという。結果的に、教養を身に付けた商人は、知識人と交流し政治にも加わっていくことになったという。


    後学のために目次を引用しておく。

    序 人文学と人文主義のヨーロッパ史(南川高志)  

    一 人文学と人文主義のダイナミズム 1 大帝国統治と教養(井上文則) 2 実業家と教養(君塚弘恭) 3 学びを支える社会と力(金澤周作)  

    二 人文学と人文主義のリアリティ 4 古典の復興と人文主義のリアリティ(藤井 崇) 5 人文主義と宗教改革(藤井真生) 6 歴史叙述とアイデンティティ(服部良久) 7 啓蒙主義と人文学(佐々木博光) 8 人文学の受容とその葛藤(橋本伸也)  

    三 教育の発展と人文学の行方 9 専門と教養(川添信介) 10 宗派化と大学の変容(小山 哲) 11 古典人文学の伝統と教育改革(上垣 豊) 12 近代の大学改革と人文学の位置(安原義仁)

    結 人文学の未来のために(南川高志)

全1件中 1 - 1件を表示

南川高志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)を本棚に登録しているひと

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)の作品紹介

大学の制度面での変化は、人文学に様々な次元での対応を求めている。背後には、グローバル化した現代の、「知」と「学び」に関する認識の変化という問題が横たわっている。本書は、人文学の長い伝統を持つヨーロッパを素材とし、その歴史のなかで人々が人文学の研究と教育にいかにかかわってきたのか、また人文学的な教養がいかなる意義を持ち、評価を受けてきたのかを検討して、人文学の本質と可能性を追求した研究である。わが国と世界の「知」と「学び」にかかわる現今の状況を深く理解し、今後のあるべき方向を考えるための糸口を与えんとする試みである。

知と学びのヨーロッパ史―人文学・人文主義の歴史的展開 (MINERVA西洋史ライブラリー)はこんな本です

ツイートする