コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメント

  • 39人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 河島伸子
  • ミネルヴァ書房 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623055623

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
J・モーティマー...
ジェフ・ジャービ...
有効な右矢印 無効な右矢印

コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメントの感想・レビュー・書評

  • 日本コンテンツ産業のうちケータイ電話での配信は、
    動画 2002年274億円から2007年には、1033億円に伸びている。
    音楽ソフト 1129億円から1632億円
    ゲーム 270億円から848億円。ケータイ配信は大きな成長分野、可能性を秘めている。
    テレビ放送産業はコンテンツ産業の中では法的規制との関係が強い。
    ゲーム業界の深刻なのは開発費の高騰。これを負担するのは本来デベロッパーであるが、日本のゲーム開発業者は小規模であることが多く、大手のゲームパブリッシャーが開発のリスクを取り、デベロッパーを下請けとして使うことが多い。

全3件中 1 - 3件を表示

コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメントを本棚に「積読」で登録しているひと

コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメントの作品紹介

近年、先進国が新たな知識経済への転換を目指す中で、コンテンツ産業に対する関心が急速に高まっている。本書は、経済学、法学などの研究成果を踏まえつつ、グローバルな視点から産業の全体像を平易に解説することを目指している。激変する環境のなかで揺れるコンテンツ産業。その構造と課題を今、明らかにする。

コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメントはこんな本です

ツイートする