会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)

  • 23人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田中悟
  • ミネルヴァ書房 (2010年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623056361

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戊辰戦争において賊軍とされ、靖国神社の合祀者のむしろ敵方とされてしまった会津の死者たち。その汚名を雪ぐことが大きな重荷となりながらも、昭和3年の秩父宮と松平勢津子の婚礼からは逆に白虎隊などが忠義の模範とされ、徳富蘇峰からも持て囃され、独伊両国からも注目を浴びるに至って、戦争の忠実な兵士として先頭を走るような存在にまでなってしまった会津の人たち。この著者は死の意味を問うことを、昭和19年の京都大学における田辺元の講義から始め、まるで哲学の本であるかのように、ハイデガー、ヤスパースを引用が序章です。そしていきなり明治10年の西南戦争で官軍の警視隊小隊長として戦死した会津出身の「阿蘇の佐川官兵衛」に筆が進みます。これも会津人としての思いに目を向けます。また司馬遼太郎の「王城の護衛者」などの歴史小説が会津に一定のイメージを与え、戦後の観光史学へ与えた影響にも興味深いものがあります。そして戊辰戦争から既に150年ほどを経て、2つの敗戦、それぞれの死者が既に遠い第3者になりつつある中で、会津若松と萩市の姉妹都市を拒否するという思いまで書いています。非常にユニークな構成の本で、大変興味深いものがありました。

  • [ 内容 ]
    幕末維新期、戊辰戦争を頂点とする一連の戦いにおいて、会津の戦死者はナショナルな祭祀から排除された。
    彼らと、生き残った会津の人々とが経験した「犬死に」―この非業と不条理に満ちた死の経験は、その後どのように「克服」され、「解決」されていったのか。
    本書では、戊辰戦争や西南戦争での戦死者を会津の人々がどのように認識し、自らのアイデンティティを組み立てていったのかを明らかにする。

    [ 目次 ]
    序章 死者と共同体
    第1章 会津藩の戊辰戦争―近代会津へのプロローグ
    第2章 「阿蘇の佐川官兵衛」をめぐる記憶と忘却
    第3章 近代会津アイデンティティの系譜
    第4章 「雪冤勤皇」期会津における戦死者の記憶と忘却
    第5章 戦後会津における「観光史学」の軌跡
    終章 “二つの戦後”をめぐる“死者の政治学”

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010.04.25 朝日新聞に紹介されました。

全3件中 1 - 3件を表示

田中悟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に登録しているひと

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)の作品紹介

幕末維新期、戊辰戦争を頂点とする一連の戦いにおいて、会津の戦死者はナショナルな祭祀から排除された。彼らと、生き残った会津の人々とが経験した「犬死に」-この非業と不条理に満ちた死の経験は、その後どのように「克服」され、「解決」されていったのか。本書では、戊辰戦争や西南戦争での戦死者を会津の人々がどのように認識し、自らのアイデンティティを組み立てていったのかを明らかにする。

会津という神話―“二つの戦後”をめぐる“死者の政治学” (MINERVA人文・社会科学叢書)はこんな本です

ツイートする