細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 29人登録
  • 3.57評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田端泰子
  • ミネルヴァ書房 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623056781

細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ (ミネルヴァ日本評伝選)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 引用元の資料などをよく記載してあって、いわゆる「細川ガラシャ」を伝える読み物の中では客観的なほうだと思います。wikiとかどこの創作物だよって感じだし……
    本人の和歌や文章など、人となりが直接わかる資料がもっと量多めに挿入されてるとよかったなあ。あまり現存していないのかもしれませんが。
    戦乱の世の中を泳ぎ抜く細川家の思考によく准じた、りっぱな嫁(正室)であったことはきっちりと伝わりました。

  • [ 内容 ]
    細川ガラシャ(一五六三~一六〇〇)。
    細川忠興正室。
    明智玉子は、実父光秀が起こした本能寺の変に際して山中に幽閉され、赦免された後にはキリスト教への信仰に目覚めてガラシャの洗礼名を受け、石田三成らが挙兵した際には人質となるのを避けるために自ら命を絶つという、劇的な生涯を送った。
    運命に翻弄されつつも信念を貫いた女性は、激動の戦国の世をどのように見たのだろうか。

    [ 目次 ]
    第1章 明智光秀の娘
    第2章 織田信長の兄弟姉妹・子女の配置
    第3章 信長と光秀・藤孝
    第4章 本能寺の変とその後の明智氏・細川氏
    第5章 忠興と玉子の婚姻
    第6章 丹後時代の玉子と忠興
    第7章 秀吉時代の玉子と忠興
    第8章 天正末年から文禄初年の細川家
    第9章 豊臣秀次事件の波紋
    第10章 関ケ原合戦と玉子の最期
    終章 苦難の中の花の一生

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010.03.14 朝日新聞で紹介されました。

全3件中 1 - 3件を表示

田端泰子の作品

細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ (ミネルヴァ日本評伝選)の作品紹介

細川ガラシャ(一五六三〜一六〇〇)。細川忠興正室。明智玉子は、実父光秀が起こした本能寺の変に際して山中に幽閉され、赦免された後にはキリスト教への信仰に目覚めてガラシャの洗礼名を受け、石田三成らが挙兵した際には人質となるのを避けるために自ら命を絶つという、劇的な生涯を送った。運命に翻弄されつつも信念を貫いた女性は、激動の戦国の世をどのように見たのだろうか。

細川ガラシャ―散りぬべき時知りてこそ (ミネルヴァ日本評伝選)はこんな本です

ツイートする